D23に見るディズニー「100周年」戦略 第3回

想像力と最新技術を駆使してディズニーランドの「魔法」を生み出す。クリエーター集団「ウォルト・ディズニー・イマジニアリング」はその存在こそファンの間で知られているが、実態はベールに包まれている。ファンイベント「D23 Expo 2022」の展示や講演の内容から、その行動原理に迫る。

米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・パーク内にある「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。パーク内の他のエリアと同様、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングが、作品世界に迷い込んだかのようなリアルな体験をつくり出している
米カリフォルニア州アナハイムのディズニーランド・パーク内にある「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。パーク内の他のエリアと同様、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングが、作品世界に迷い込んだかのようなリアルな体験をつくり出している

 米ウォルト・ディズニー・イマジニアリング(以下、イマジニアリング)は、世界中のディズニーランドやディズニーワールドの全体デザインや設計、アトラクションの企画や技術開発をするクリエーティブ集団。1955年にオープンした米アナハイムのディズニーランドのため、ウォルト・ディズニー氏が設立した会社が元になっている。2022年末で70周年を迎える。イラストレーター、建築家、技術者などの多彩な才能が集まっていることで知られている。

 街中の建物、レストランの壁紙、「イッツ・ア・スモールワールド」の人形たちが着る世界の民族衣装、「カリブの海賊」の愛嬌(あいきょう)あふれる海賊たち。SF世界を形にした「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」や「アベンジャーズ・キャンパス」まで。すべてイマジニアリングのメンバーが研ぎ澄ましたアイデアと、その時代の最先端の技術を尽くして生み出した作品といえる。

ディズニー・パーク部門会長のジョシュ・ダマロ氏。D23 Expo 2022の展示ブースの前で、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングのメンバーを紹介しているところ
ディズニー・パーク部門会長のジョシュ・ダマロ氏。D23 Expo 2022の展示ブースの前で、ウォルト・ディズニー・イマジニアリングのメンバーを紹介しているところ

 現在の米ウォルト・ディズニーの事業には3つの柱があるという。「全く新しい方法で物語を伝える」「技術を駆使し、ゲストやファンの体験を向上させる」「ディズニー・ブランドの力をテーマパークの内外に広げる」というものだ。この2番目と3番目の柱を主に担うのがイマジニアリングとなる。

東京ディズニーシーの新アトラクションも

 ディズニー・パーク部門会長のジョシュ・ダマロ氏はD23 Expoの開催前夜、「我々はファンの皆さんがストーリーとつながり、物語に命を吹き込む方法を常に探している。そのために取り組んでいるエキサイティングな仕事にぜひ触れてほしい」と語り、報道陣をイマジニアリングの展示ブースに招き入れた。

東京ディズニーシーの新エリア「Fantasy Springs(ファンタジースプリングス)」の乗り物模型。写真は『塔の上のラプンツェル』のもの
東京ディズニーシーの新エリア「Fantasy Springs(ファンタジースプリングス)」の乗り物模型。写真は『塔の上のラプンツェル』のもの

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する