試遊を終えた人にはこの「INZONE」のステッカーがプレゼントされた

本気の製品がスマホエリアに ソニーのゲーミングギア「INZONE」【TGS2022】

2022年09月18日
  • Xperiaブースの一角にあったINZONEのコーナー
  • 接続方法、それにノイズキャンセリング機能の有無によって、3モデルを展開しているINZONEのゲーミングヘッドセット。すべてオープン価格だが、ソニーストアの税込価格では、3.5mmジャック有線接続の「H3」は1万2100円、同梱USBトランシーバーを使い、低遅延な2.4GHzのワイヤレス接続かBluetoothでの接続が可能な「H7」は2万8600円、「H7」にノイズキャンセリング機能を加え、さらにソフトフィットレザーイヤーパッドを装備した最高級モデルの「H9」が3万6300円となっている
  • ヘッドセットを装着すると、こんな感じ。ゲーミングヘッドセットは黒を基調としてゴツゴツした印象の製品が多いなか、ヘッドバンドもハウジング部分も白く、滑らかな曲面で構成されていてあまり凹凸のないINZONE製品はかなり個性的な存在と言える
  • INZONEの製品はどれも機能面でもデザイン面でのPS5とのマッチングのよさが考えられているが、ブース内の試遊ではゲーミングPCに接続され、144Hzのハイフレームレートな4K映像で『Marvel's Spider-Man Remastered』を遊ぶことができた
  • INZONE M9が標準で装備しているモニタースタンド特徴的な3本足構造。PS5に通じる黒と白で構成されたデザインは、スタイリッシュと言えなくもないが、一方で安定性という面では賛否が分かれそうだ
  • HDMI2.1×2、DisplayPort1.4×1、USB Type-C(DP Alternate mode対応)と入力端子が豊富なうえ、USB HUB機能も併せ持つ。また、各種の設定はPC上から「INZONE Hub」というソフトウェアを通して細かく設定することが可能だ
  • 試遊を終えた人にはこの「INZONE」のステッカーがプレゼントされた