ゲーム配信者と視聴者がゲームで遊べる。そんな次世代の配信プラットフォームが「fingger」だ。サービス開始から1年で配信者が600人を超え、さらなる認知拡大を目指し、インフルエンサーとの協力を強めている。

お絵かきゲーム『ピクトネーター』
お絵かきゲーム『ピクトネーター』

 fingger(東京・品川)が運営する「fingger」は、YouTubeの動画配信サービスを使用して、配信者と視聴者一緒に遊べる参加型ゲームプラットフォーム。プロゲーマーや著名な実況者などの配信を見るだけではなく、一緒にゲームを楽しめる点が一線を画す。すべてのゲームは無料だ。

 配信方法は簡単。YouTubeのアカウントとfinggerを連携してログインするだけ。finggerの伊藤健一COO(最高執行責任者)は、「2021年8月にβ版をリリースし、現在は600人ほどの配信者がいる。そのうち9割以上がVtuberだ」と明かす。積極的にコミュニケーションが取りたいVtuberにとって、配信とゲームの親和性が高かったのだ。

finggerの登録は3ステップ
finggerの登録は3ステップ

 現在配信しているゲームは約20本。これを24年までに100本近く増やす計画だ。22年9月15日には、東京ゲームショウ2022の会場で吉本興業と協力を強めることを発表した。「よしもとfingger部」として発足し、ゲーム好きのよしもと人気芸人が、毎週日替わりでfinggerコンテンツを配信する。

東京ゲームショウ2022のfinggerブース
東京ゲームショウ2022のfinggerブース
finggerを配信するイメージ
finggerを配信するイメージ
恋愛ノベルゲーム『あたまの中のお前らが私の恋愛を勝手に決める件!』
恋愛ノベルゲーム『あたまの中のお前らが私の恋愛を勝手に決める件!』
アクションゲーム『すぐ死ぬ勇者』
アクションゲーム『すぐ死ぬ勇者』
クイズゲーム『クイズオンエア』
クイズゲーム『クイズオンエア』
配信中には、有料アイテムやギフト機能でプレイを盛り上げることも可能
配信中には、有料アイテムやギフト機能でプレイを盛り上げることも可能

(文・写真/寺村貴彰)

この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。アマゾンでは試し読みもございますので、ご覧ください。

アマゾンで購入する