PICOブースでは、オールインワンVRヘッドセット「pico neo 3」を用いた、ゲームや3D映画体験を実施。17日には人気コスプレイヤーえなこさんを迎えてのステージイベントも開催する。

 オールインワンVRヘッドセット機器を手掛けるもう一つの大手がPICOだ。TikTokの運営会社バイトダンスの傘下となって以降も精力的に新製品を発売。ブースではPICO Storeに対応したアプリや映像を、最新モデルの「pico neo 3」で体験できる。

 picoの最新モデル「pico neo 3」 はプロセッサーにQualcomm製Snapdragon XR2を搭載。両眼で3664×1920解像度の最大120Hzディスプレー搭載、PCのSteamVRにも対応で4万9280円前後だ。Meta Quest 2と同等スペックのモデルとなっている。

picoのオールインワンVR最新モデル「pico neo 3」
picoのオールインワンVR最新モデル「pico neo 3」

 ブース内ではpico neo 3を用いて11種類のスポーツを楽しめる『All-In-One Sports VR』、7月にリリースされた魔法アクションRPG『RUINSMAGU』、フィットネスゲーム『Body combat』、3D映画の『スパイダーマン:スパイダーバース』を楽しめる。

4つのコーナーでVRゲームや映画を楽しめる
4つのコーナーでVRゲームや映画を楽しめる

 17日にはステージイベントとして、コスプレイヤーのえなこさんを迎えた「Pico Neo3 Linkのえなこの楽しみ方」を開催する。picoの製品が気になる人は要チェックだ。また、picoは9月16日に新製品発表を9月22日に行うと発表。今回展示はないが、どのような新製品が発表されるのかにも注目したい。

(文・写真/島 徹)

▼関連リンク 日経クロストレンド「東京ゲームショウ2022特設サイト」 東京ゲームショウ2022公式サイト(クリックで公式サイトを表示します)
この記事をいいね!する

【好評発売中】
『思い込む力 やっと「好きなこと」を仕事にできた』

 “システムエンジニアとして会社に勤めながら、格闘ゲーム界の頂点で世界を舞台に戦ってきたプロゲーマー・ネモ。ゲーム仲間が次々と"専業"プロゲーマーになる一方、彼はあえて"兼業"の道を選びました。

 “兼業プロゲーマー"としても知られた彼の道のりは、プロゲーマーとして輝かしい戦績を積み重ねると同時に、自分なりの働き方を模索し続けた日々でもあります。ゲームやeスポーツファンはもちろんのこと、「やりたい仕事」「向いている仕事」とは何か、好きなことを仕事に生かすにはどうすればいいかに悩む、ビジネスパーソンの皆さんにもお読いただきたい1冊です。アマゾンでは試し読みもございますので、ご覧ください。

アマゾンで購入する