マーケター・オブ・ザ・イヤー2022 第3回

「マーケター・オブ・ザ・イヤー2022」の2人目は、“行き先が選べない”カプセル型自販機「旅くじ」を企画した格安航空会社(LCC)Peach(ピーチ)の小笹俊太郎氏。旅行業界が新型コロナウイルス禍で大打撃を受ける中、多くの人の“非日常体験”ニーズを察知し、商業施設や回転すし店など旅と接点のなかった場所に展開するなどして旅の新たな形をつくり出した。

ピーチ・アビエーション コーポレートポリシー・ブランド戦略部長の小笹(こささ) 俊太郎氏。イタリア・ミラノ生まれ。石垣市役所台湾駐在員などを経て2017年にピーチ・アビエーション入社。現在は石垣島と大阪の二拠点居住生活を送っている
Peach Aviation(ピーチ・アビエーション) コーポレートポリシー・ブランド戦略部長の小笹(こささ) 俊太郎氏。イタリア・ミラノ生まれ。沖縄県石垣市の職員などを経て2017年にピーチ・アビエーション入社。現在は石垣島と大阪の2拠点居住生活を送っている
1回5000円(税込み)の“行き先が選べない”カプセル型自販機「旅くじ」。カプセルには指定された行き先の航空券に使える6000円分(まれに1万円分)のポイントと行き先、そして現地の名所や名物などにちなんだ「ミッション」が書かれた紙などが入っている
1回 5000円(税込み)の“行き先が選べない”カプセル型自販機「旅くじ」。カプセルには指定された行き先の航空券購入に使える6000円分(まれに1万円分)のポイントと行き先、そして現地の名所や名物などにちなんだ「ミッション」が書かれた紙などが入っている

 Peach Aviation(ピーチ・アビエーション、大阪府田尻町)が設置した、1回 5000円(税込み)の“行き先が選べない”カプセル型自販機「旅くじ」。カプセルには指定された行き先の航空券購入に使える6000円分(まれに1万円分)のポイントと行き先、そして現地の名所や名物などにちなんだ「ミッション」が書かれた紙などが入っている。

 ミッションは「札幌に行って、カニを苦労してむいて、隣の人にあげてきて!(手袋で)」「女満別で囚人服(持参)を着て監獄食を食べて反省してきて!」などといったクスッと笑えるものだ。ミッションをクリアし、同社が運営する旅の口コミサイトに「#旅くじ」を付けて投稿すると、毎月1人に3000円相当のピーチポイントが当たるという。

ミッションの例。クスッと笑えるものが多く、ネタ決めは社内で行っているという
ミッションの例。クスッと笑えるものが多く、ネタ決めは社内で行っているという

 2021年8月の大阪・心斎橋パルコを皮切りに、10月に渋谷、11月に名古屋、12月に福岡、22年2月に札幌、7月に仙台の各パルコで展開。21年12月には機内販売をスタートし、22年3月には期間限定で回転すし店「スシロー」にも設置するなどし、累計で2万6000個を販売した。

 この旅くじを企画したのが、ピーチ・アビエーション コーポレートポリシー・ブランド戦略部長の小笹俊太郎氏だ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
10
この記事をいいね!する