インクルーシブデザインの可能性 第2回

車椅子のイメージを刷新する電動車椅子を開発・販売するWHILL(ウィル、 東京・品川)。車椅子にデザインとテクノロジーを取り入れ、新たな顧客層の取り込みを狙う。目指すのは、視覚矯正器具からファッションアイテムに進化した眼鏡のような存在。これもまたインクルーシブデザインの好例だ。

「WHILL Model C2」。コントローラーを片手で操作して進行方向やスピード調整する。手を放すと坂道でも自動でブレーキが掛かる。コントローラーは左右のアームどちらにも取り付けられる
「WHILL Model C2」。コントローラーを片手で操作して進行方向やスピード調整する。手を放すと坂道でも自動でブレーキが掛かる。コントローラーは左右のアームどちらにも取り付けられる

 「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとし、歩行が難しい障がい者や高齢者に限らず、誰もが、乗ること自体を楽める電動車椅子を開発するWHILL。

 同社の設立は2012年。14年に初号機「WHILL Model A」を発表し、以後も商品開発を重ね、現在の「Model C2」(20年発表)と「Model F」(21年発表)の2モデルに至っている。また、自動運転・衝突回避機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」を開発し、羽田空港第1・第2ターミナルや慶応義塾大学病院などで実用化されているほか、成田空港第2旅客ターミナルなどでも実証実験を行っている、

 事業開発・戦略室デザイナーの塚本皓之氏は、「車椅子のデザインは昔から基本的にほとんど進化してこなかった」と語る。一般的な車椅子は電動タイプであっても、後輪は手でこぐためのハンドリムが付いた大きなタイヤ、前輪は360度くるくる回る小さなキャスター、背面に手押し用ハンドルが付いているものが多い。福祉用具、介護用具という意識が強いため、いったん付けた機能や部品を外すことをためらったと思われる。

前輪に独自の「オムニホイール」を採用し、最大5センチメートルの段差を乗り越えられる
前輪に独自の「オムニホイール」を採用し、最大5センチメートルの段差を乗り越えられる
4ステップで簡単に分解でき、車のトランクにすっぽり収めることができる。重量約52キログラム。価格48万7000円(福祉用具扱いのため非課税)
4ステップで簡単に分解でき、車のトランクにすっぽり収めることができる。重量約52キログラム。価格48万7000円(福祉用具扱いのため非課税)
「WHILL Model F」。操作方法やコントローラーが左右のアームに取り付け可能なのはModel C2と同じ。最大の特長は折り畳めるコンパクトさ。3ステップで折り畳め、開いたときの前後の長さ(935ミリメートル)が約半分(465ミリメートル)になる。自動車はもちろん新幹線や飛行機などに持ち込むことも可能。3.5センチメートルの段差を乗り越えられる。重量約26.7キログラム。価格27万3000円(福祉用具扱いのため非課税)
「WHILL Model F」。操作方法やコントローラーが左右のアームに取り付け可能なのはModel C2と同じ。最大の特長は折り畳めるコンパクトさ。3ステップで折り畳め、開いたときの前後の長さ(935ミリメートル)が約半分(465ミリメートル)になる。自動車はもちろん新幹線や飛行機などに持ち込むことも可能。3.5センチメートルの段差を乗り越えられる。重量約26.7キログラム。価格27万3000円(福祉用具扱いのため非課税)

 対してWHILLは、いずれのモデルも前後輪のサイズが自動車のように同じで、ハンドリムも手押しハンドルもない。斜めに伸びたアームと相まって、いわゆる車椅子らしくないスタイリッシュなデザインをしている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する