1日のうちの一定時間に降雨が予測されると、その日の宿泊料や入場料が全額返金される。そんな天気保険「センシブル ウェザー」が米国で人気だ。保険料は対象サービスの利用料の8〜12%。精緻な天候予測技術に基づき、巨大な旅行市場に商機を見出した。近い将来、日本市場に進出する可能性もある。

※日経トレンディ2022年10月号より

遊びに出かける目的地で一定時間に降雨リスクがあると予測されれば、宿泊料や入場料が全額返金される新手の保険だ。2枚の画像はイメージ
遊びに出かける目的地で一定時間に降雨リスクがあると予測されれば、宿泊料や入場料が全額返金される新手の保険だ。2枚の画像はイメージ

天気保険【米国発】Sensible Weather

旅先で雨が降るなら、全額を即返金 加入者が全体の50%を占める場合も

 キャンプやテーマパークでの滞在が、当日、雨に降られて台無しになる——。その日が来るのを楽しみにしていただけにショックは大きいうえ、移動や利用チケットの購入に使ったお金がもったいない。こうした事態を避けるサービスが、米国で人気だ。

 天気保険「センシブル ウェザー」は、1日のうちの一定時間に降雨が予測されると、その日の宿泊料や入場料が全額返金される。飛行機の遅延や預けた荷物の紛失など、旅行中の損害を補償する短期保険はあったが、天気を給付条件とするものはなかった。また書類提出などの煩雑な手続きが不要で、返金は即日という強みを持つ。加入もスマホで完結する。キャンプ場やテーマパークといった、センシブル ウェザーのパートナーの公式サイトで、有料オプションとして加入できるようになっている。

パートナー会社の公式サイトの予約画面でオプションとして加入できる(左)。実際に加入すると右のように、プランに追加されたことを表示
パートナー会社の公式サイトの予約画面でオプションとして加入できる(左)。実際に加入すると右のように、プランに追加されたことを表示

 保険料は対象サービスの利用料の8〜12%。キャンプ場5泊で1000ドルの場合は80〜120ドルだ。降雨が予測されると加入者に連絡が届き、「ペイパル」や銀行口座などに返金される。返金条件の降雨時間は時期や目的地によって変わり、例えば雨が多い冬季のシアトルでは1日4〜5時間、雨が少ないアリゾナ州などでは1日1〜2時間となる。返金を受けた消費者は、当日、室内のアクティビティーなどに保険金を充て、もし雨が上がれば当初の予定を改めて楽しめる。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2023年1月号
【巻頭特集】2023-2030年 大予測
【第2特集】2030年 未来をつくる人
【Special】高橋文哉 インタビュー
発行・発売日:2022年12月2日
特別定価:800円(紙版、税込み)
Amazonで購入する