文系マーケターのための統計入門 第3回

文系マーケターやマーケティングに興味のあるビジネスパーソンが“これだけは知っておきたい”基本的な統計用語の意味や使い方を解説する本特集。最初のテーマは「標準偏差」。統計的手法には欠かせない「サンプルのばらつき具合」を数値で表す便利な指標について、法政大学経営学部の西川英彦教授による“超初心者レベル”の講義で学ぶ。

今回は「標準偏差」と「正規分布」について学ぶ ※画像はイメージ(画像提供:Iamnee/Shutterstock.com)
今回は「標準偏差」と「正規分布」について学ぶ ※画像はイメージ(画像提供:Iamnee/Shutterstock.com)

なぜ「平均値」だけでは不十分なのか

――「文系マーケターのための統計入門」では、マーケティングに携わるビジネスパーソンが、統計用語に関する意味や役割を大まかにイメージできるくらいまでかみ砕いて解説してもらいます。今回のテーマ「標準偏差」では、どんなことが学べるのでしょうか。

西川英彦教授(以下、西川) 標準偏差とはどういうもので、なぜ必要なのかについて話す前に、まずは「なぜ平均値だけでは不十分なのか」という話から始めましょう。

 Aという店舗で商品の「ヨーグルト」の仕入れについて、店主が悩んでいるケースを考えてみます。A店の1週間の売り上げデータが次のような場合、仕入れる量はどう計算すればいいでしょうか。

【A店におけるヨーグルトの1週間の売上個数】
【A店におけるヨーグルトの1週間の売上個数】
週に280個売れるが、曜日によって売れる個数にばらつきがある

――「平均」を出せばいいのではないですか。1週間の売上個数の合計が「39+41+38+39+40+42+41=280」「280÷7=40」で平均40個ですから、毎日40個仕入れれば、欠品も売れ残りも最大2個で、販売機会損失も在庫も最小限に抑えられます。

西川 では、同じく1週間の合計が280個のB店の場合はどうでしょうか。実はB店の1週間の売り上げは、次のような“ばらつき”があります。

【B店におけるヨーグルトの1週間の売上個数】
【B店におけるヨーグルトの1週間の売上個数】
B店でも1週間に280個売れるが、A店に比べて曜日ごとのばらつきが大きい ※出典:恩蔵・冨田(2022)表6-1、図6-1を基に著者作成

――B店の場合、毎日平均の40個を仕入れても、日曜日は23個の不足、火曜日は12個も余ってしまいます。

西川 つまり、このケースでは「平均」だけ考えればいいというわけではなく、ばらつきも考慮しなければデータは役に立たないわけです。では、どれほどばらつきがあるか、どう計算すればよいでしょうか。

――それぞれの日の売上個数が平均からずれた個数を調べて、1週間分、合計すれば何か分かりそうな気がします……。

西川 その「平均からのずれ」のことを、統計の世界では「偏差」と呼びます。では、B店の偏差を合計してみましょう。

【「偏差」を計算して合計してみると…】
【「偏差」を計算して合計してみると…】

――偏差を合計するとゼロになりました。

西川 単なるずれ、つまり偏差のままだとプラス分とマイナス分が打ち消し合って、ゼロになってしまいます。そこで、各偏差を2乗してから足してみてください。

――マイナスの数値も2乗すればプラスになるため、合計はゼロにならないし、プラスとマイナスの両方のばらつき度合いが表現できそうですね。

西川 ただし、その合計だと計算する項目の数、つまり「サンプル数」が多くなればなるほど数値が大きくなってしまい、扱いづらくなります。そこで、今度はそのばらつき(偏差)の合計の平均を取ってみましょう。この偏差の平均値は、どれだけばらついているかということで「分散」と呼びます。

【「偏差」を2乗して「分散」を求めてみる】
【「偏差」を2乗して「分散」を求めてみる】
各曜日の「偏差」を2乗してマイナスを打ち消した数字を合計し、1日の平均値を割り出したものが「分散」

――この「分散」の値が大きければばらつきも大きく、小さければばらつきも小さいというわけですね。だいぶ分かりやすくなりました。

西川 しかし、まだゴールではありません。分散を求める場合、元の偏差を「2乗した値」を使っているため、元の単位、例えばヨーグルトなら「個」という単位とは異なってしまいます。

――単位が異なる? どういう意味でしょうか。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
56
この記事をいいね!する

西川英彦先生の特別講義を実際に受講してみませんか?
「現場の課題をデータで解決する!統計基礎講座」開催決定

 本特集「文系マーケターのための統計入門」の好評を受け、法政大学経営学部の西川英彦教授に特別セミナーを開催していただくことが決まりました。3日間の集中講義で、特集で何度も登場した無料の統計分析ソフト「R(アール)」を使用した体験型学習を通し、実務の場で頻出する課題分析を自らこなせるようになることを目標としています。
 セミナーは統計の初心者でも安心して参加できるよう、マーケティング分析に欠かせない統計の基本である「標準偏差」や「p値」に加え、マーケティング論文や調査で多く使われる「相関関係・無相関検定」をはじめ「カイ二乗(χ2)検定」や「t検定」「回帰分析」など現場で使える手法を基礎から学びます。まさにこの特集「文系マーケターのための統計入門」を、より実務の場でも生かせるようにした「実戦型セミナー」となっています。
 ぜひ、ご参加ください!

[画像のクリックで別ページへ]