文具・雑貨 最新ヒット商品の裏側 第9回

素材や構造を見直し、軽さを追求したランドセルが話題となっている。2021年4月、RANAOS(ラナオス、東京・目黒)が立ち上げたD2Cブランド「NuLAND(ニューランド)」と、ランドセルメーカー大手セイバン(兵庫県たつの市)の「スゴ軽」の開発プロセスを追った。

「ニューランド」の使用イメージ。左のモデルは小学生でMサイズ、右の2人は女子中学生と男子高校生がモデルでLサイズのランドセルを背負っている。ブランディングを担当しているのは、アートディレクターのえぐちりか氏。2022年モデルの価格は3万6300円(税込み、以下同)(画像提供/ラナオス)
「ニューランド」の使用イメージ。左のモデルは小学生でMサイズ、右の2人は女子中学生と男子高校生がモデルでLサイズのランドセルを背負っている。ブランディングを担当しているのは、アートディレクターのえぐちりか氏。2022年モデルの価格は3万6300円(税込み、以下同)(画像提供/ラナオス)

 ランドセルといえば、本革や人工皮革。その常識にとらわれずに自由な発想でランドセルの概念を広げ、注目を集めているのが「ニューランド」だ。環境にも子供の体にも優しいランドセルを目指し、伊藤忠商事が展開するリサイクルポリエステル素材「RENU(レニュー)」を使用している。超軽量なのに大容量であることが特徴で、一般的なランドセルの重さは1100~1300グラムといわれるが、ニューランドは約985グラム。サイズはMとLの2種類で、色はMがブラック、レッド、キャメル、ピンク、ネイビーの5色、Lがブラックとレッドの2色展開。ラナオス代表の岡本直子氏は「特にブラックとピンクの売れ行きが好調。2022年モデルのMサイズのピンクは、8月上旬で完売した」と言う。

 機能性にも優れている。できるだけランドセルだけで通学できるようにマチに拡張機能を付け、勉強道具と一緒に、水筒や縦笛、タブレット端末、体操着や上履きなども入れられる。かぶせと呼ばれるフラップを取り外すとさらに軽くなり(約748グラム)、リュックサックとしても使用可能。「課外活動やクラブ活動、家族との旅行などで使っているお客様も少なくない。素材だけでなく、用途もサステナブルを目指している。子供たちも自分のランドセルを通じて、リサイクルや循環型社会を知る機会になれば」(岡本氏)

ニューランドを開いたところ。体感重量を軽減するために、体幹に近い背中側に荷物をまとめることができるブックバンド付き。タブレットや水筒専用の収納スペースや、ランドセルを背負ったまま鍵を取り出せるフックなど、機能的にデザインした
ニューランドを開いたところ。体感重量を軽減するために、体幹に近い背中側に荷物をまとめることができるブックバンド付き。タブレットや水筒専用の収納スペースや、ランドセルを背負ったまま鍵を取り出せるフックなど、機能的にデザインした
[画像のクリックで拡大表示]
ニューランドのフラップは、取り外してリュックサックとして使うこともできる
ニューランドのフラップは、取り外してリュックサックとして使うこともできる
[画像のクリックで拡大表示]
フラップをめくったところ(画像提供/ラナオス)
フラップをめくったところ(画像提供/ラナオス)
[画像のクリックで拡大表示]