※日経エンタテインメント! 2022年7月号の記事を再構成

総合的なタレントとしての力を数値で表しランキング化する、日経エンタテインメント!の恒例企画「タレントパワーランキング」。今回は「お笑い芸人」のランキングを紹介する。サンドウィッチマンが5連覇、昨年に続き3位の千鳥は、今回は大悟が急伸してコンビとしての強さが盤石に。ほかに、次期MC候補となるチョコレートプラネットが一気に順位を上げて躍進した。初登場でTOP30に入った阿佐ヶ谷姉妹にも注目だ。

スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。阿佐ヶ谷姉妹は22年2月から調査対象に追加
スコアは小数点第2位で四捨五入。順位は第2位以下も含めてつけた。阿佐ヶ谷姉妹は22年2月から調査対象に追加

 テレビで何気なく目にする機会が多く、顔と名前が広く知られているため、全体的にパワースコアが高い傾向にあるお笑い芸人。トップは、5年連続でサンドウィッチマンという結果になった。昨年の50.5ポイントを下回ったが、総合TOP100で3位だったほか、ソロでも伊達みきおが芸人2位、富澤たけしが4位とそろって上位入りしている。3位には、昨年に続き千鳥が入った。

 ランキング全体を見ると、スコアを伸ばしながら、なおかつ15ランク以上順位を上げたのは、大悟チョコレートプラネットウッチャンナンチャン小峠英二飯尾和樹春日俊彰の6組だった。

 25位から8位へと飛躍した大悟は、『テレビ千鳥』(テレ朝系)で酒やタバコ好きの一面がクローズアップされており、女性用下着を扱う企画などで生き生きとした表情を見せている。SNSも利用せず、昔ながらの芸人像でありながら、10代~20代の支持を得て毎年順位を上げているのは、嫌みのない大悟だから成せるレアケース。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する