2022年7月4日発売の「日経トレンディ2022年8月号」 ▼Amazonで購入する では、創刊35周年を記念し、「家電、文房具、日用品オールタイムベスト」を特集。調理家電は2000年代に「健康志向」「お任せ調理」「デザイン性の高さ」という3つの大きな潮流が起き、今でもその流れに沿って進化している。

※日経トレンディ2022年8月号より。詳しくは本誌参照

左上はシャープの「ヘルシオホットクックKN-HT99A」、右上はフィリップスエレクトロニクスジャパンの「フィリップス ノンフライヤー」、下はバルミューダの「BALMUDA The Toaster」
左上はシャープの「ヘルシオホットクックKN-HT99A」、右上はフィリップスエレクトロニクスジャパンの「フィリップス ノンフライヤー」、下はバルミューダの「BALMUDA The Toaster」

 長い歴史を経て、温める、焼く、煮るといった調理がほぼ完璧にできるようになった調理家電。それが2000年代に3つの大きな潮流が起き、今でもその流れに沿って進化している。1つ目は、「健康志向」だ。源流は、04年にシャープから発売されたウォーターオーブン「ヘルシオ AX-HC1」。同社が「過熱水蒸気で調理すると、余分な脂や塩分を落とせる」と訴求すると、一躍人気に。健康的な料理が作れる調理家電のはしりになった。

「日経トレンディ2022年8月号」の購入はこちら(Amazon)

 現在、脂質カットや減塩に続くキーワードとなっているのが「糖質オフ」だ。例えば、22年4月に発売されたシロカの「おうちベーカリーベーシックプラス SB-2D151」は、糖質オフのパンのほか、甘酒などの健康食品が作れる。

 2つ目のトレンドは、「お任せ調理」。スチームオーブンレンジも数多くのレシピを内蔵し、自動調理機といえたが、より「ほったらかし」の度合いを高めたのが、15年にシャープが発売した電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT99A」だ。具材のかき混ぜ機能を装備して、初心者でも煮込み料理を簡単に作れるようにし、お任せ調理の代名詞となった。

 今では、これらのお任せ調理機を、下準備された食材の宅配サービスと連係させることで、さらに家事を省力化できるようになった。食材を買って下ごしらえする手間までなくせるのだ。

 3つ目のトレンドは、インテリア雑貨のようなデザイン性の高さだ。きっかけとなったのは、14年に発売されたイデアインターナショナルの「BRUNO コンパクトホットプレート」。使わないときに出しっ放しにしても違和感のないデザインで人気を博した。単機能の高級商品がヒットする流れを生んだ、バルミューダの「BALMUDA The Toaster」も、パンがふっくらと焼ける性能とともに、シンプルなデザインの評価が高い。

 これらの“デザイン調理家電”は、さらなる小型化が進んでいる。BRUNO コンパクトホットプレートは幅約37.5センチメートル、重さ約2.3キログラムほどだが、さらに幅も重さも約半分のホットプレートなどが、アウトドアでも便利とあって注目されている。

 この他に、必要な機能だけをカスタマイズできる調理家電も有望だ。先駆けは、パナソニックが21年に発売した「オーブンレンジ ビストロ NE-UBS5A」。初期機能はレンジとオーブンのみで、別売りの付属品を購入したりすることで、後から機能を付け足せる。最初は単機能だが、生活の変化に合わせて多機能化する。数年後はそんな時代が来そうだ。

多機能調理家電 トレンド史

1992年
・9月 松下電器産業(現パナソニック)が解凍時の加熱ムラを減らした電子レンジ「NE-KC70」を発売

1999年
・6月 シャープが世界初のIoT対応した電子レンジ「献立情報レンジ インターネットDE これつくろ!RE-M210」を発売

2002年
・9月 松下電器産業がスチームとレンジ、スチームとヒーターの同時加熱を初めて実現したオーブンレンジ「スチームオーブンレンジ NE-J720」を発売

2003年
・7月 日立ホーム&ライフソリューション(現日立グローバルライフソリューソンズ)が3つの重量センサーを搭載した「ワイドオーブンレンジ MRO-EX2」を発売

【分岐点】スチームオーブンの普及で「健康」もキーワードに

2004年
・8月 シャープが家庭用ウォーターオーブン「ヘルシオ AX-HC1」を発売

2012年
・6月 パナソニックがスマホ対応のスチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ NE-R3500」を発売

【分岐点】手間を省いた「お任せ調理」が市民権を得る

2015年
・6月 グループセブ ジャパンがレシピ内蔵型の電気圧力鍋「クックフォーミー CY7011JP」を発売
・11月 シャープが業界初の電気無水鍋「ヘルシオ ホットクック KN-HT99A」を発売

2018年
・6月 シャープがスマートスピーカーで献立の相談ができるウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XW500」を発売

単機能調理家電 トレンド史

1987年
・2月 松下電器産業がホームベーカリー「SD-BT2」を発売

2001年
・グループセブ ジャパンがティファール電気ケトル「ヴィテス」を発売

2010年
・11月 三洋電機が米粒をそのまま入れてパンを作れるホームベーカリー「GOPAN」を発売

2011年
・10月 自宅で炭酸水が作れる「ソーダストリーム」が日本でも販売開始

2013年
・4月 フィリップスエレクトロニクスジャパンが油で揚げずにフライができる「フィリップス ノンフライヤー」を発売

【分岐点】おしゃれなデザインによる新たな用途提案が相次ぐ

2014年
・3月 イデアインターナショナルがたこ焼きプレート付きの「BRUNO コンパクトホットプレート」を発売

2015年
・2月 オークセールがミル付き全自動コーヒーメーカー「シロカ 全自動コーヒーメーカー STC-501」を発売

【分岐点】“超高級化”による成功例が続出

・5月 バルミューダが高級トースター「BALMUDA The Toaster」を発売
・6月 NUC JAPANが発酵食品も作れる「クビンス ヨーグルト&チーズメーカー KGY-713SM」を発売
・9月 日本エー・アイ・シーが高級トースター「アラジン グラファイト グリル&トースター」を発売

2017年
・4月 葉山社中が低温調理器「BONIQ」を発売

2018年
・10月 ツインバード工業が全自動コーヒーメーカー「CM-D457B」を発売。コーヒーの名店が監修した

(写真提供/シャープ、バルミューダ)

注)創刊35周年特別保存版 歴代ヒット&最新ベストは、「日経トレンディ」2022年8月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年8月号」の主な内容を紹介
【いいものオールタイムベスト】
●家電&デジタル
テレビ/最新ミニLEDテレビを検証。ハイセンス格安機の実力は?
イヤホン/骨伝導 vs LinkBuds vs AirPods。最強「ながら聴き」決定戦
炊飯器/各社の最上位モデルでガチ比較。伏兵東芝が僅差で優位に
オーブンレンジ/鶏肉のグリルと揚げ物温めでは日立がトップクラス
コーヒーメーカー/注目のバルミューダはハンドドリップに匹敵した!
掃除機/ダイソンは、本当に吸引力と“軽さ”を兼ね備えているのか
●文具
筆記用具/0.3ミリメートル以下でオススメは? 油性・ゲルインクボールペン選手権
デジタル文房具/成功例が少ない中、「ブギーボード」が生き残っている理由
●日用品&雑貨
衣料用洗剤/大手3社の主力商品をテスト。汚れ落ちに違いはあるのか
掃除用品/ワイパークリーナー登場から28年。今最もきれいになるのは?
【D2C時代のパッケージデザイン大変革】
【ヒットを作る人】メタバースはマーケティングワードか!? ライゾマティクス 真鍋大度氏 インタビュー
【ヒットを作る人】ビームスはメタバース時代の「百貨店」になる? ビームスクリエイティブ社長 池内光氏 インタビュー
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年10月号
【巻頭特集】ずるい! 文章術
【第2特集】Anker大研究!
【第3特集】観光列車ランキング2022
【Special】THE RAMPAGE 川村壱馬 インタビュー
発行・発売日:2022年9月2日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する