2022年7月4日発売の「日経トレンディ2022年8月号」 ▼Amazonで購入する では、創刊35周年を記念し、「家電、文房具、日用品オールタイムベスト」を特集。文房具もデジタル化による進化が起こり、2011年にキングジムが手掛けたメモ帳「ショットノート」が一大ブームとなった。高性能カメラ搭載のスマホの登場でデジタル系の存在意義は薄れたが、メーカーの試行錯誤は続いている。

※日経トレンディ2022年8月号より。詳しくは本誌参照

文房具も「デジタル化」による進化が起こった。左上はキングジムの「マメモ」、右上はキングジムの「ショットノート」、下はぺんてるの「エアペンポケット」
文房具も「デジタル化」による進化が起こった。左上はキングジムの「マメモ」、右上はキングジムの「ショットノート」、下はぺんてるの「エアペンポケット」

 2000年代にパソコンや携帯電話が一層普及すると、文房具も「デジタル化」による進化を模索し始めた。メーカーが目指したのは、メモなど文字情報のデジタル化だ。単語帳をデータ化した「メモリボ」(コクヨS&T、現コクヨ。06年発売)、名刺を画像に置き換える「ピットレック」(キングジム、10年発売)と、ヒット商品も生まれた。

 中でも一大ブームといえるほど売れたのが、11年にキングジムが手掛けたメモ帳「ショットノート」だ。ノート四隅のマーカーが写るようにスマホで撮影すると、ゆがみを自動補正。手書きのメモなどをスマホに取り込んで管理できる点が受け、シリーズ累計販売数は13年10月に300万冊を突破した。コクヨやナカバヤシも競合商品を投入し、市場全体が盛り上がった。

「日経トレンディ2022年8月号」の購入はこちら(Amazon)

 この勢いをそいだのが高性能カメラ搭載のスマホや、“手書き”しやすい大画面を備えるタブレットの台頭。メモのデジタル化自体は誰でも可能になり、デジタル文房具の存在意義は薄れたのだ。10年代前半までに発売した製品で、今も残っているものは少ない。

一点突破に磨きをかける

 ただ、メーカーの試行錯誤は続いている。現在はデジタル化以外の付加価値も備える進化版が特に人気だ。コクヨが19年に発売した「しゅくだいやる気ペン」はセンサーを搭載し、子供の鉛筆に取り付けて勉強への取り組み具合を見える化する。約7000円と値は張るが、独自性が際立つ。累計販売数は2万5000個と好調だ。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ9月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年9月号
【巻頭特集】創刊35周年記念 得するスゴ技 決定版 ~クレカ・株&投信・マイル~
【第2特集】世界に誇る日本のフードテック最前線
【Special】ゲームAI研究者・開発者 三宅陽一郎氏 インタビュー
発行・発売日:2022年8月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する