「100年に一度の大きな変革期」を迎えているといわれる自動車業界。この激動期の「クルマ&クルマ業界事情」を自動車ジャーナリストの小沢コージ氏が解析する新連載がスタート。2022年秋に販売開始予定のマツダの新型クロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)「MAZDA CX-60」に試乗した小沢氏は「驚いた」と言う。「電動化」に舵(かじ)を切る自動車業界における「逆張り戦略」の謎に迫る。

マツダの新型クロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)「MAZDA CX-60」
マツダの新型クロスオーバーSUV(多目的スポーツ車)「MAZDA CX-60」

新FR骨格に新ディーゼルで超逆張り

 何事もそうだが物事は見る角度によって見え方が変わるもの。コップの水が「多い」か「少ない」か視点によって変わるがごとくだが、全く同じことが言えるのが今年(22年)グローバルで全面展開する予定のマツダ新ラージ商品群(※1)であり、その第1弾「CX-60」だろう。

 人によっては「何? 今年またマツダが新しい高級車出すの?」くらいに思うかもしれないが、これは見方によってはマツダの大きな賭けであり、超逆張り作戦だ。

 今の自動車界のトレンドは、言うまでもなく「電動化」であり「自動化」であり「知能化」に違いない。クルマに詳しくない人の中には、こうしたトレンドに乗ったクルマはスマートフォンのようにケーブル充電されて動き、アプリ満載で、画面タッチ操作で動くように漠然と捉えているケースもあるだろう。

 しかし小沢は先日、新作CX-60プロトタイプ試乗会で驚いた。一連の新商品群は自動化こそ多少進んでいるものの、正直、1990年代的自動車価値の進化型にも見えたほど。なぜならばCX-60には今までマツダが造ってこなかった新世代FR(フロントエンジン・リアドライブ)プラットフォームが投入され、直列6気筒エンジン、それもガソリンに加えてディーゼルまで投入されるからである。

 もちろん電池容量の多いプラグインハイブリッド(PHEV)車も用意されているがあくまでも一部。メインはどう見ても直列6気筒ディーゼルエンジンであり、FRフォルムの新作SUVなのである。しかもCX-60は今後ワイドボディー化、3列シート化とともに「CX-70」「CX-80」「CX-90」と世界で全面展開される予定。ある意味、マツダの社運を賭けた一大プロジェクトなのである。

 一部条件付きとはいえ、独メルセデス・ベンツグループや独アウディ、スウェーデンのボルボなどの2030年前後での全車電気自動車(EV)化計画を見ていると、時代錯誤感どころかマツダの将来に不安を覚える人もいるだろう。

新型CX-60にはプラグインハイブリッド(PHEV)車も用意されているがあくまでも一部で、直列6気筒ディーゼルエンジンがメインとなりそうだ(画像提供/マツダ)
新型CX-60にはプラグインハイブリッド(PHEV)車も用意されているがあくまでも一部で、直列6気筒ディーゼルエンジンがメインとなりそうだ(画像提供/マツダ)
※1:クロスオーバーSUV商品群のうち、「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」の4車種のこと。スモール商品群のモデルは「MAZDA3」「CX-30」「MAZDA MX-30」「CX-50」

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
25
この記事をいいね!する