商品によって値上げ幅やそのリスクは異なるが、今後さらに上昇しそうなものの一つが小麦製品だ。小麦粉やパン、パスタなどは、政府の輸入小麦売渡価格の上昇を要因の一つに値上げが進んでいる。この売渡価格は22年10月の改定でさらに引き上げられる可能性があり、今後の値上げリスクも高い。この他、原料の輸入依存度が高い油関連製品、紙製品などにも注意が必要だ

買い物は「4つの鉄則」で生活を防衛 PB、ポイ活などを総動員

2022年06月06日
  • 食品や日用品など様々な商品で価格改定が進み、買い物による出費が家計を圧迫し始めている
  • 商品によって値上げ幅やそのリスクは異なるが、今後さらに上昇しそうなものの一つが小麦製品だ。小麦粉やパン、パスタなどは、政府の輸入小麦売渡価格の上昇を要因の一つに値上げが進んでいる。この売渡価格は22年10月の改定でさらに引き上げられる可能性があり、今後の値上げリスクも高い。この他、原料の輸入依存度が高い油関連製品、紙製品などにも注意が必要だ
  • ■輸入小麦は過去2番目の高さ
  • 通常、値上げのニュースは数週間前には発表される。腐らないものなら、価格改定前にまとめ買いや買い替えを進めたい。家電やクルマなど、高額で長く使う買い物を視野に入れている人は、今すぐ購入を検討したい
  • 価格を比較しやすいECサイトでは、少しでも安い商品を最も得な日に買うべき。複数のセールやイベントが重なり、通常のセール以上の高還元が得られる日を狙いたい
  • 制度や提携ポイントの変更、新しいクレカの登場などで、ポイ活の最適解も変化している。得な手段を見逃していないか、定期的に確認すべきだ
  • 大手メーカーなどのNB商品に比べ割安で、値上げリスクも低い傾向があるPB商品。コンビニの冷凍食品は食べやすさにも工夫があり、味わいの進化やラインアップの拡充も進む
  • 買い物は「4つの鉄則」で生活を防衛 PB、ポイ活などを総動員(画像)