ニッポンの今どき富裕層研究 第1回

デジタルネーティブで多様な価値観を持ち、環境問題やダイバーシティへの意識も高い。そんなイメージで語られるZ世代の中で、月10万円以上を自由に使える「リッチZ世代」。高い購買力を備えたリッチZ世代は何に興味を持ち、どんな消費をしているかをデータで分析した。

リッチZ世代(イラスト/Shutterstock)
(イラスト/Shutterstock)
「リッチZ世代男女」とは、マクロミル ブランドデータバンクの「第34期調査(2022年1月)」の結果から、Z世代(15~24歳)の未婚男女で、月の小遣い10万円以上と答えたデータを抽出したもの。「Z世代」とは、15~24歳男女のデータを抽出したもの
「リッチZ世代男女」とは、マクロミル ブランドデータバンクの「第34期調査(2022年1月)」の結果から、Z世代(15~24歳)の未婚男女で、月の小遣い10万円以上と答えたデータを抽出したもの。「Z世代」とは、15~24歳男女のデータを抽出したもの

 新型コロナウイルス禍がようやく落ち着きを見せ始め、消費者の動きにも活気が出てきている。新型コロナウイルス禍の2年半余り、抑えつけられてきた消費意欲が徐々に開放されようとする今、気になるのはやはり「金銭的に余裕のある消費者」の動向だ。

 そこで今回の特集「ニッポンの今どき富裕層研究」では、今後注目すべき消費者群として3つのカテゴリーをピックアップした。決して数は多くはないが、顧客として目を離せない消費者たちの価値観や消費行動、好きなブランドなどを、データと専門家による分析を基に浮き彫りにしていく。さらに、編集部が注目した、今どきの富裕層に人気の商品やサービスを紹介する。

 3つのカテゴリーのうち、「リッチZ世代」は、新しい消費者像として注目されるZ世代の中でも自由に使えるお金が特に豊富な層。月の小遣いが10万円以上という若者たちだ。

 「パワーカップル」は共働きで世帯年収1400万円以上、個人年収700万円以上の高収入カップル。

 「リッチシニア」は60代で世帯金融資産が1億円以上という人たちだ。

 特集第1回では、マクロミル ブランドデータバンクの調査結果(2022年1月実施)から、15~24歳の未婚男女で、月の小遣いが10万円以上と答えた人々を「リッチZ世代」と設定。同世代のZ世代(15~24歳男女)の調査結果と比較した。

 リッチZ世代は、Z世代3138人のうち125人。平均世帯年収は747.3万円で平均個人年収は303.1万円、どちらもZ世代の中で際立って高い。平均小遣いは月14.7万円で、Z世代の月2.3万円と比べると毎月12万円以上多く使えることになる。高い購買力を持つリッチZ世代は、同世代の中のごく限られた人々だ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
39
この記事をいいね!する