アクティブユーザー数とは、ある期間のうちに1回以上利用したユーザー数のこと。上記の数字は、全てアプリとブラウザー版を合算したもの(3月時点)

『SPY×FAMILY』生んだ『少年ジャンプ+』新時代ヒットの作り方

2022年05月25日
  • 『少年ジャンプ+』の各曜日のトップページ。月曜の『SPY×FAMILY』、火曜の『ダンダダン』、金曜の『タコピーの原罪』(連載は3月25日で終了)と『怪獣8号』が1日100万閲覧を超え。非常にバラエティに富んだ作品群がそろう (C)少年ジャンプ+/集英社
  • 「少年ジャンプ+」創刊~ヒットの流れ
  • アクティブユーザー数とは、ある期間のうちに1回以上利用したユーザー数のこと。上記の数字は、全てアプリとブラウザー版を合算したもの(3月時点)
  • コールドスリープから主人公が目覚めると、ウイルスによって男性の99.9%が死滅した世界が広がっていた。原作:LINK、作画:宵野コタローにより16年から連載中で、累計発行部数は700万部を突破。3月までテレビアニメが放送された。既刊14巻 (C)LINK・宵野コタロー/集英社
  • 『チェンソーマン』の藤本タツキによる初の連載作品。文明崩壊後の世界を舞台に、炎に焼かれ続ける少年の復讐劇を描く。グロテスクな表現も多いが、その圧倒的センスで多くの読者を獲得した。全8巻 (C)藤本タツキ/集英社
  • 怪獣が日常を脅かす日本で怪獣専門清掃業の主人公が“怪獣化”。「怪獣8号」として防衛隊に加わる。『ジャンプ+』最速1億閲覧、「次にくるマンガ大賞」1位など。松本直也により20年から連載中。隔週金曜更新。既刊6巻 (C)松本直也 /集英社
  • 『SPY×FAMILY』生んだ『少年ジャンプ+』新時代ヒットの作り方(画像)