2022年5月2日発売の「日経トレンディ2022年6月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測」を特集。美術館では、2022年2月に開館した大阪市の「大阪中之島美術館」が最大の目玉となった。開館記念展には、予想の倍を超す12万人以上が訪れた。下半期は、話題のNFTアートに特化した「NFT鳴門美術館」に注目だ。

※日経トレンディ2022年6月号より。詳しくは本誌参照

上半期は、大阪市の「大阪中之島美術館」(左)が最大の目玉。下半期は、「NFT鳴門美術館」(右)に注目だ
上半期は、大阪市の「大阪中之島美術館」(左)が最大の目玉。下半期は、「NFT鳴門美術館」(右)に注目だ

 ウィズコロナが続く2022年だが、美術館のオープンやリニューアルは着実に進んでいる。新設・刷新された美術館が何を発信しようとしているのか、その裏側を解説する。

「日経トレンディ2022年6月号」の購入はこちら(Amazon)

 最大の目玉は、2月に開館した大阪市の大阪中之島美術館だ。設立構想は1983年だが、市の財政難や、計画の見直しがたびたび起こり、開館までには約40年を要した。館長・菅谷富夫氏は、「2016年に、PFI法に基づくコンセッション方式を国内美術館として初めて採用。運営は民間が担い、そのノウハウによる創意工夫が生かされる美術館になった」と話し、作品を並べるだけではない美術館を目指す。

 特徴の1つ目は人が集まる場であること。パッサージュ(通路)がぜいたくに取られ、誰もがふらりと入り、休憩したり、何気なくアートと触れ合ったりできる。2つ目は収集方針。大阪ならではの美術、モダンデザインを軸として収集、情報発信する。例えば目と鼻の先に展示施設「グタイピナコテカ」があった前衛芸術集団・具体美術協会や、大阪出身の画家佐伯祐三の作品などだ。家電など工業デザインのアーカイブ化もユニークな取り組み。パナソニックと共にプロジェクトを立ち上げ、さらに発展させている。

 まん延防止等重点措置期間中の開館記念展「超コレクション展−99のものがたり−」には、予想の倍を超す12万人以上が訪れ、期待の高さを裏付けた。

■大阪中之島美術館
■大阪中之島美術館
屋外と館内に大阪出身の現代アーティスト、ヤノベケンジ氏の作品を展示する

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する

日経トレンディ8月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年8月号
【巻頭特集】創刊35周年記念 家電・文房具・日用品 歴代ヒット&最新ベスト
【Special】ライゾマティクス 真鍋大度氏 インタビュー
【Special】ビームスクリエイティブ社長 池内光氏 インタビュー
発行・発売日:2022年7月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する