2022年5月2日発売の「日経トレンディ2022年6月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測」を特集。医薬品では、ライオンの「バファリンプレミアムDX」がヒットを飛ばした。下半期は、キュア・アップの「高血圧症治療用アプリ」が注目される。

※日経トレンディ2022年6月号より。詳しくは本誌参照

上半期はライオンの「バファリンプレミアムDX」(画像上)がヒット。下半期は「高血圧症治療用アプリ」(同下)に注目
上半期はライオンの「バファリンプレミアムDX」(画像上)がヒット。下半期は「高血圧症治療用アプリ」(同下)に注目

 医薬品ジャンルで、2021年後半以降に目立って売れたのが解熱鎮痛薬だ。21年7月~22年3月の市場規模は、前年同期比で約27%増(True Data調べ。全国ドラッグストアが対象)。新型コロナのワクチン接種後の副反応対策として需要が膨らんだ。

「日経トレンディ2022年6月号」の購入はこちら(Amazon)

 伸びる市場の中で、新製品としてヒットを飛ばしたのが「バファリンプレミアムDX」。21年9月の発売後、商品別の売り上げ個数ランキングで上位に定着し、早くも定番商品となっている。ダブル処方の鎮痛成分(イブプロフェン、アセトアミノフェン)を、従来製品に比べて約20%増量したのが特徴。副反応による発熱や痛みを、よりしっかりと抑えたいという消費者のニーズに合致した。

ライオンの「バファリンプレミアムDX」。服用後の速効性の高さも支持されている
ライオンの「バファリンプレミアムDX」。服用後の速効性の高さも支持されている

 解熱鎮痛薬の新製品では「ロキソニンSクイック」も好調。効き目を素早く発揮する点が支持され、発売7カ月で約75万個を販売。ロキソニンSシリーズ全体の伸び(22年2月の販売個数は前年同月比22%増)に一役買った。

第一三共ヘルスケアの「ロキソニンSクイック」
第一三共ヘルスケアの「ロキソニンSクイック」

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
2
この記事をいいね!する

日経トレンディ8月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年8月号
【巻頭特集】創刊35周年記念 家電・文房具・日用品 歴代ヒット&最新ベスト
【Special】ライゾマティクス 真鍋大度氏 インタビュー
【Special】ビームスクリエイティブ社長 池内光氏 インタビュー
発行・発売日:2022年7月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する