2022年5月2日発売の「日経トレンディ2022年6月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測」を特集。クラフトコーラのジャンルに大手メーカーが参入し、アサヒ飲料の「三ツ矢クラフトコーラ」は順調に売り上げが伸長する。一方、紅茶飲料のジャンルではキリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶 ミルクティー 微糖」がヒット商品に化けそうだ。

※日経トレンディ2022年6月号より。詳しくは本誌参照

アサヒ飲料の「三ツ矢クラフトコーラ」(左)が順調に推移。キリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶 ミルクティー 微糖」(右)にはヒットの兆しが
アサヒ飲料の「三ツ矢クラフトコーラ」(左)が順調に推移。キリンビバレッジの「キリン 午後の紅茶 ミルクティー 微糖」(右)にはヒットの兆しが

 小規模メーカーが中心となり新商品開発を繰り広げていた「クラフトコーラ」のジャンルに、ついに大手飲料メーカーが参入した。2022年1月にアサヒ飲料が「三ツ矢クラフトコーラ」を通年商品として市場投入。8種のスパイスを素材に使い、コカ・コーラやペプシの商品とは一線を画す風味に仕立てた。クラフトビールなど、職人的な工夫のあるドリンクを求める昨今の消費者のニーズに合致したことから、1〜2月に計画比の約2割増となる43万ケース(実数)を販売した。

「日経トレンディ2022年6月号」の購入はこちら(Amazon)

 デザート感覚で飲める甘さが話題を呼び、21年にブームとなった「抹茶ラテ」。22年上半期は、その流れをくむ「ほうじ茶ラテ」の新商品が1月以降に各社から投入された。最初に仕掛けたのは伊藤園。発売すると、ミルクの甘みと茶の香りを同時に楽しめる点を魅力に感じ、手を伸ばした消費者が相次いだ。

 日経POS情報によれば2月の第1と第2週には、スーパーなどの売り上げで抹茶ラテ各商品を抜いてトップに立った。日本茶葉を使った第3のラテ飲料はさらに愛飲者が増えそうだ。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
2
この記事をいいね!する

日経トレンディ7月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年7月号
【巻頭特集】逆境に勝つマネー術
【第2特集】最新「100円ショップ」ベストバイ52
【第3特集】TDR&USJ攻略ガイド
【第4特集】Z世代ヒット予測2022
発行・発売日:2022年6月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する