2022年5月2日発売の「日経トレンディ2022年6月号」 ▼Amazonで購入する では、「2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測」を特集。コンビニでは、発売27日で700万個を販売したローソンの「生カスタードシュークリーム」が上半期ヒット大賞を獲得した。ファミリーマートの「ファミマ・ザ・クリームパン」も出足好調で、スイーツ部門がヒット商品の発信地になっている。

※日経トレンディ2022年6月号より。詳しくは本誌参照

ローソンの「生カスタードシュークリーム」(左)が2022年上半期ヒットコンビニ部門の大賞に。下半期はセブン‐イレブンの「7プレミアム ゼロサイダー トリプル乳酸菌」(右)がブレイクしそうだ
ローソンの「生カスタードシュークリーム」(左)が2022年上半期ヒットコンビニ部門の大賞に。下半期はセブン‐イレブンの「7プレミアム ゼロサイダー トリプル乳酸菌」(右)がブレイクしそうだ
[画像のクリックで拡大表示]

 ここ数年、ヒット商品の“発信地”となっているスイーツ部門から新たな売れ筋が生まれた。ローソンが22年3月に投入し、発売から4日と同社史上2番目の速さで100万個を突破した「生カスタードシュークリーム」だ。

「日経トレンディ2022年6月号」の購入はこちら(Amazon)

 ヒットの要因は、質を上げた「生カスタード」を強調したことだ。人気菓子店が、クリームに使用する卵にこだわりを持っていたという独自調査から、高価な餌を食べて育った鶏の高品質な卵を採用。濃厚で風味豊かなクリームの味を際立たせるため、シュー生地はあえて薄い仕立てにしたという。

 「『生』という言葉が付くスイーツは継続的にはやっている」(ホットペッパーグルメ外食総研)という背景もあり、700万個の大ヒットにつながった。関連商品として「生カスタードエクレア」も22年4月から販売している。

 クリームの見直しなら、ファミリーマートが22年3月に発売した「ファミマ・ザ・クリームパン」も出足好調だ。通常よりも卵黄やミルクの配分を増やすなど、くちどけの良いカスタードクリームを開発。同時発売した同シリーズのカレーパンやメロンパンとともに、売り上げは順調に推移している。

ファミリーマートの「ファミマ・ザ・クリームパン」
ファミリーマートの「ファミマ・ザ・クリームパン」
[画像のクリックで拡大表示]
注)2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測は、「日経トレンディ」2022年6月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
「日経トレンディ2022年6月号」の主な内容を紹介
【格安キャンプ道具100】
●U4万円! 初心者が買いそろえるべきソロキャン最強グッズを選定
●超格安でも機能は十分? ワークマンのキャンプグッズを検証
●プロが推薦! 格安キャンプ道具逸品カタログ
●即席シャワー、簡易ハンモック…などアイデア逸品が続々
●「ゆるキャン△」一大ブームの背景、新作映画公開、作中登場グッズ集
●インタビュー 「ゆるキャン△」各務原なでしこ役
 花守ゆみり(アニメ版)/大原優乃(ドラマ版)
【2022年上半期ヒット大賞&下半期ヒット予測】
●【食品】「冷凍」の活用やコラボの拡大で即席麺競争が激化
●【飲料・酒類】コーラもサワーもクラフト化。ビール大物の復刻&刷新も
●【日用品】泡&ボトルで「逆さ」対応。洗剤は使い勝手で選ぶ時代に
●【雑貨】ついに炭酸対応! 国内メーカーの水筒が進化
●スペシャルインタビュー 松坂桃李
▼「日経トレンディ2022年6月号」をAmazonで購入する