パーパスブランディング最前線 第7回

SNSの会社として多くの人に認知されてきたミクシィ。だが昨今はコングロマリット化が進み、2022年4月、コーポレートブランドをリニューアル。パーパスを最上位概念として、企業理念全体をアップデートした。

22年1月に発表し、4月から運用開始した新しいミクシィの企業理念体系。最上位概念として新しくパーパスを制定した
22年1月に発表し、4月から運用開始した新しいミクシィの企業理念体系。最上位概念として新しくパーパスを制定した

 ミクシィが最上位概念に制定したパーパスは、「豊かなコミュニケーションを広げ、世界を幸せな驚きで包む」。これがミクシィの目指すゴールである。このパーパスを追求するためのミッションとして「『心もつながる』場と機会の創造」、さらにそれを実現するための意思決定の軸として、ミクシィ・ウェイ「ユーザーサプライズファースト」を制定。さらにユーザーサプライズを起こしていくために、従業員がとるべき姿勢や行動指針として「発明」「夢中」「誠実」という3つのバリューを定めた。

きっかけはコングロマリット化と……

 コーポレートブランドをリニューアルする背景にあったのは、「コングロマリット化が進んでいること」と代表取締役社長の木村弘毅氏は語る。ミクシィの創業は1997年。IT・Web業界に特化した求人情報サイト「FIND JOB!」の運営会社としてのスタートだった。2004年にSNSの「mixi」をリリース。以降、ミクシィはソーシャルプラットフォームとして認知が広がり、06年には社名もイー・マーキュリーからサービス名と同じミクシィへ変更した。

ミクシィはコングロマリット化が進んでいる。SNSやゲームだけではなく、「FC東京」や「千葉ジェッツふなばし」などのスポーツクラブの運営も手がける
ミクシィはコングロマリット化が進んでいる。SNSやゲームだけではなく、「FC東京」や「千葉ジェッツふなばし」などのスポーツクラブの運営も手がける

 08年にTwitterやFacebookが日本に上陸したことで、「ソーシャルプラットフォームとしてのポジションは厳しくなった。ソーシャルプラットフォームの上で使われるソーシャルアプリのレイヤーであれば勝負できる」(木村氏)と考え、13年にはスマホゲームアプリ「モンスターストライク(モンスト)」をリリースした。近年では、プロサッカークラブ「FC東京」やプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の運営などのスポーツ事業、ID・決済などのプラットフォーム「MIXI M」を展開するなど、ミクシィグループが手がけるサービスの幅は非常に広がっている。

 「以前はSNSのmixi=ミクシィでよかった。しかし手がける事業やブランドが増えて、『我々は何者であるか』『誰が顧客なのか』などを明確に言語化することが必要だった」(木村氏)

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する