パーパスブランディング最前線 第4回

英国発のコスメブランド「LUSH(ラッシュ)」は、パーパスに当たるものとして「地球をよりみずみずしく、豊かな状態で次世代に残す」という概念を掲げる。2021年、一部のSNSの活用を中止したのは、そのパーパスを実現するためだった。

英国発のコスメブランド「LUSH(ラッシュ)」は、2021年11月26日に一部のSNS(FacebookやInstagramなど)から一斉にサインアウトした。その理由は、一部のSNSの在り方が、同社の概念「地球をよりみずみずしく、豊かな状態で次世代に残す」とは正反対だと考えたから
英国発のコスメブランド「LUSH(ラッシュ)」は、2021年11月26日に一部のSNS(FacebookやInstagramなど)から一斉にサインアウトした。その理由は、一部のSNSの在り方が、同社の概念「地球をよりみずみずしく、豊かな状態で次世代に残す」とは正反対だと考えたから

 ラッシュが掲げる「地球をよりみずみずしく、豊かな状態で次世代に残す」という概念は、他社でいうパーパスに相当するものだという。

 この概念が示すのは、「地球に暮らすすべての生物(人や動物)」がウェルビーイングであること。ここでいうウェルビーイングとは、地球はもちろん、人々の人生そのものが「青々としている」状態。単に人や地球に優しい商品を作るだけではなく、企業の在り方を通して人々の人生に影響を与え続けていきたいと考えている。

 ラッシュは、パーパスを実現するためにいくつかの行動規範を持つ。「動物実験をしない」「ベジタリアン対応の原材料のみを使用する」「商品そのものに製造年月日を明記する(常に新鮮な商品を届ける)」「合成保存料やパッケージは可能な限り使用しない」などだ。

ラッシュは世界49の国と地域で展開しているが、中国本土には進出していない。中国は輸入化粧品に対する動物実験の実施を法律で定めていたからだ。中国のコスメ市場は非常に規模が大きく、ラッシュにとっても進出しないのは損失だったが、パーパスにとって必要なことだった
ラッシュは世界49の国と地域で展開しているが、中国本土には進出していない。中国は輸入化粧品に対する動物実験の実施を法律で定めていたからだ。中国のコスメ市場は非常に規模が大きく、ラッシュにとっても進出しないのは損失だったが、パーパスにとって必要なことだった

 そんなラッシュが、2021年11月26日に一部のSNS(FacebookやInstagramなど)から一斉に「サインアウト(更新停止)」し、話題を呼んだ。多くの企業にとって、SNSは欠かせないマーケティングツールだ。当時のラッシュでも、この施策が原因で全世界合計で約15億円の損失があると予想しており、かなり大きな決断だったことが分かる。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
29
この記事をいいね!する