アクションRPGゲーム「ELDEN RING(エルデンリング)」が人気だ。ゲームソフト開発のフロム・ソフトウェア(東京・渋谷)が2022年2月に発売し、全世界で1300万本を超える異例のヒットになっている。壮大な世界観や、何度もゲームオーバーになる「死にゲー」ながら、再び挑みたくなる絶妙な難易度設定などが世界中を虜(とりこ)にしている。

※「日経MJ」2022年6月3日付記事「アクションRPGの王となれ」を再構成したものです
大ヒット中の「エルデンリング」はマルチプレーを楽しむこともできる
大ヒット中の「エルデンリング」はマルチプレーを楽しむこともできる

 「難易度が高く、ボス戦は一筋縄でいかないものばかり」。エルデンリングを毎週10~15時間プレーする京都市の会社員、田中慶介さん(31)はこう語る。ただ、そこがこのゲームの魅力。「何度も負けながら試行錯誤し、倒せた時の達成感や喜びはひとしお。『死にゲー』としての楽しさがある」と強調する。110時間超のプレーを経てクリアを迎えたという。

 エルデンリングはソニーグループのゲーム機「プレイステーション」やパソコンなど向けのアクションRPGだ。世界的人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者と組み、独自の神話をもとにしたダークファンタジーの要素をもつ壮大な世界観を作り上げた。

 プレーヤーは「霊馬」と呼ばれる馬のような乗り物に乗り、広大なフィールドを自由に探索。敵を倒して経験値をため、レベルアップや装備の強化をしながら、各地のダンジョン最深部のボスを倒し、ゲーム内の世界の王となることを目指す。

 2022年2月25日にKADOKAWA子会社のフロム・ソフトウェアが発売。当初は400万本の想定だったが、3月末時点で全世界1300万本を超える大ヒットに。内訳は国内が100万本で、北米や欧州など広く海外でも支持されている。カナダ国籍の英会話講師の男性(33)は「プレーの時は汗をかくぐらい集中しており、ワクワクしてエネルギーが満たされる。最高峰のRPGだ」と絶賛する。

エルデンリングはプレイステーション4などでプレーできる
エルデンリングはプレイステーション4などでプレーできる

 KADOKAWAの22年3月期の連結売上高は前の期比5%増、海外販売を手掛けるバンダイナムコホールディングスは20%増。エルデンリングが貢献した。

 何が世界中のプレーヤーを引き付けたのか。

絶妙「死にゲー」のやみつき要素とは?

 まずは絶妙に設定された難易度の高さだ。フロム・ソフトウェアは何度も敵に倒される「死にゲー」を世に送り出してきた。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経MJ購読のご案内

日経MJ購読のご案内
新しい“売り方、買い方”を
いち早く伝えるマーケティング情報紙!
週3日発行(月・水・金)
詳しくはこちら