多くのZ世代の間で、日本で韓国にいる気分を味わう「渡韓ごっこ」が流行している。その象徴とも呼べる制服レンタルサービスを展開するのが、韓国アイドルのライブ衣装や学校の制服などを輸入・レンタルする「CHOA(チョア)」だ。料金は2時間半3500円からで、時間内は好きな制服に着替え放題。店内が利用者でごった返す日もある。そのヒットの裏側に迫った。

※日経トレンディ2022年8月号より。詳しくは本誌参照

東京・原宿のラフォーレ原宿内にある旗艦店「CHOA ONNI」(インファクター)。TWICEなどの女性アイドルだけでなく、BTSのメンバーが学生時代に着ていた制服など、男女問わず韓国の制服もそろえる
東京・原宿のラフォーレ原宿内にある旗艦店「CHOA ONNI」(インファクター)。TWICEなどの女性アイドルだけでなく、BTSのメンバーが学生時代に着ていた制服など、男女問わず韓国の制服もそろえる
[画像のクリックで拡大表示]

CHOA(インファクター)

日本で韓国旅行気分「渡韓ごっこ」が流行 1日10回も着替え!? 話題の制服レンタル

 音楽に食事、ファッションなど多くのZ世代が羨望の的とする韓国カルチャー。コロナ禍で海外旅行ができず、“韓国ロス”に陥る若者の間で、日本で韓国にいる気分を味わう「渡韓ごっこ」が流行している。例えば、東急ホテルズの運営するホテルでは韓国風インテリアの部屋に泊まったり、韓国の定番スナック菓子を購入できたりする宿泊プランを提供。2022年3~5月の期間限定で販売し話題となった。

 こうした渡韓ごっこの象徴とも呼べるサービスを展開するのが、韓国アイドルのライブ衣装や、彼らが通っていた学校の制服などを輸入・レンタルする「CHOA(チョア)」だ。東京や大阪、福岡などに計5店舗展開。料金は2時間半で税込み3500円(学生は1000円引き、中学生以下は1500円引き)からで、時間内は好きな制服に着替え放題。利用者はここで何度も着替えてそのたびに写真を撮ったり、ここで着替えてからテーマパークに行ったりして楽しむ。店内が利用者でごった返し、低単価ながら、売り上げが約30万円に到達する日があるほどだ。

ロッカーはピンク色で、これを背景に写真を撮影する人も
ロッカーはピンク色で、これを背景に写真を撮影する人も
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員限定(無料)です。