「売らない店舗」は売れるのか? 第7回

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が2021年10月にD2Cブランド向けのショールーミングスペース「明日見世(あすみせ)」を開設してから半年余り。婦人服の4階フロアという設置にこだわり、20~30代の来店者が8割を超える。afterコロナにおける百貨店ビジネスの活路も見えつつある。

2021年10月、大丸東京店4階にオープンした大丸松坂屋百貨店初のショールーミングスペース「明日見世」
2021年10月、大丸東京店4階にオープンした大丸松坂屋百貨店初のショールーミングスペース「明日見世」

 夕暮れ時にもなると、東京駅の構内や改札周辺の地下街には手土産や贈り物を選ぼうという人でにぎわってくる。八重洲北口改札を出てすぐ、しゃれた総菜やスイーツが並ぶ、いわゆる“デパ地下”にも多くの人が吸い込まれていく。戦後の高度経済成長期に差し掛かる1954年に開業した歴史ある百貨店、大丸東京店だ。

 同店の4階にある婦人服と婦人肌着のフロアに上がると、「明日見世」のネオンサインが目に飛び込んでくる。エスカレーター降り口の横という“一等地”にある約30坪の売り場には、90×50平方センチメートルの棚が複数あり、それぞれにスキンケアからライフスタイル雑貨など多彩な商品が並んでいる。

22年1月12日から4月5日のテーマは「『私とあなたの個性』とであう」。約90×50平方センチメートルが1区画。テナント料は非公開だが他社のショールーム型店舗と比較しながら競争力のある価格に設定しているとのことだ
22年4月6日から6月28日のテーマは「暮らしを良くするヒントとであう」(写真は以前のもの)。約90×50平方センチメートルが1区画。テナント料は非公開だが他社のショールーム型店舗と比較しながら競争力のある価格に設定しているとのことだ

 「東京駅という立地は大きな魅力。出展ブランドやメーカーからは知名度だけでなく信頼度も向上したという声がある」と大丸松坂屋百貨店 経営戦略本部 DX推進部 デジタル事業開発担当 明日見世プロジェクトリーダーの廣澤健太氏は話す。実店舗を持たないD2Cブランドにとって、実際に商品を手に取ってもらえるメリットは大きい。新幹線などのターミナル駅でもある東京駅直結という好立地にある大丸東京店なら広告効果も絶大というわけだ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
15
この記事をいいね!する