2022年4月4日発売の「日経トレンディ2022年5月号」 ▼Amazonで購入する では、「老いない食事&ゆるトレ」を特集。究極の健康長寿モデルともいえるのが、110歳以上の高齢者である「スーパーセンチナリアン」。その人たちの特徴を知ることは、老いにくく元気に生きるヒントになる。慶応義塾大学医学部・百寿総合研究センターの研究から分かった「元気で長生き」のカギを紹介する。

※日経トレンディ2022年5月号より。詳しくは本誌参照

長生きする人の生活習慣や体、性格の特徴は?
長生きする人の生活習慣や体、性格の特徴は?

 厚生労働省が毎年9月の老人の日に発表する100歳以上の高齢者の数は、51年連続で過去最多を更新中だ。100歳以上を百寿者、105歳以上を超百寿者、110歳以上を「スーパーセンチナリアン」と呼ぶ。世界的な長寿国である日本においても、このスーパーセンチナリアンの数は決して多くない。

 2020年の国勢調査の結果を見ると、百寿者は約8万人いるが、超百寿者は6515人と百寿者の8.2パーセントまで減り、さらにスーパーセンチナリアンは141人で、超百寿者の中の僅か2.2パーセントだ。

「日経トレンディ2022年5月号」の購入はこちら(Amazon)

「超健康長寿」の3つの特徴

 105歳超えに大きな壁があることが分かる。この壁を超える人たちにはどんな特徴があるのか。それを知ることは、老いにくく元気に生きるヒントになるだろう。この研究をしているのが、慶応義塾大学医学部・百寿総合研究センターの新井康通教授だ。

「スーパーセンチナリアンの最大の特徴は、100歳時点でも日常生活の自立が保たれており、百寿者の中でも特に健康寿命が長いことにある」と語る。

 究極の健康長寿モデルともいえるスーパーセンチナリアンの医学的特徴は3つあるという。1つは認知機能が保たれていることだ。100~104歳で亡くなった人と105~109歳で亡くなった人、110歳以上まで長生きした人の、100歳時点での認知機能を比べると、スーパーセンチナリアンの認知機能が最も高かった。高齢になっても認知機能が保たれている人ほど、長生きの可能性が高いのだ。

 2つ目は、心臓血管病になりにくいこと。「もともと百寿者は動脈硬化が少ないと言われていたが、実際、血液バイオマーカーを調べた結果、NT-proBNP(神経内分泌因子)の血中濃度が低いほどスーパーセンチナリアンに到達する可能性が高いことが分かった」と新井氏。NT-proBNPは心不全の診断にも使われるもので、心臓の働きが悪くなると数値が上がってくる。

「心臓の働きが悪くなると腎臓の機能も低下する。また、糖尿病や高血圧が適切に治療されずに腎臓が弱ると、心臓にも負担がかかるという悪循環がある。通常は加齢とともにNT-proBNPの数値が高くなるが、スーパーセンチナリアンはその上がり方が緩やか。心臓や血管の老化が特に遅いのが特徴だ」

 3つ目は、フレイルになるのが遅いことだ。フレイルとは加齢に伴って歩行速度が落ちたり、握力が低下したり、疲れやすくなったりするなどして体が弱り、外出する気力も低下して心身の活力が衰えた状態のこと。要介護になる原因の一つとされている。超百寿者やスーパーセンチナリアンは、こうした状態になる以前の健康寿命をより長く保っている。

遺伝的要因より、頭を使う習慣が大事

 長寿に、生まれ持った資質の影響はどれほどあるのだろうか。寿命に対する遺伝の影響は25パーセントほどで、残りは環境によるものと見られており、「再現性をもって長寿に関係すると確認されている遺伝子は実は少ない」と新井氏。

 現在分かっているのは、百寿者にはAPOE4という遺伝子を保有している人は少ないということだ。APOE4はアルツハイマー病のリスクが高まる遺伝子として知られる。ただし、「数は限られるが、百寿者の中にもAPOE4を持っている人はいる」(新井氏)。特に高学歴の人は、APOE4の有無と長生きの程度との関係が薄いという報告もある。若い頃から学ぶ姿勢を持ち、社会に出てからも仕事で頭を働かせる習慣があることで、APOE4を持っていても認知機能が低下しにくくなった可能性が考えられる。

 寿命には後天的な要因の方が大きいということは、長生きをしたければ、認知機能を低下させない、血管を老化させない、フレイルにならないといった点を意識して生活することがカギになると示唆されているわけだ。

健康寿命を延ばす日頃の運動と食事

 では、生活で具体的に気を付けておくべきことは何か。生活習慣については、85歳以上を対象に行っている調査の結果を基に新井氏はこう言う。「まず身体活動が多い人は長生き。85歳以上で元気な人たちは7割ぐらいが散歩を普段していて、体操やストレッチなどをする人もいる。何も運動をしていない人に比べ、意識して運動している人ほど死亡率は低下している」

 食事の面では、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の摂取量が多い人ほど、下肢の運動機能が保たれているという。

 DHAは脳や神経組織の機能を高める働きがある成分として、EPAは血栓をできにくくする血液サラサラ成分として知られる。サバやイワシなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸だ。自分の足で歩き回れる元気な高齢者になるためにも、またスーパーセンチナリアンの特徴である心臓血管の若さや認知機能の維持のためにも、DHAやEPAは積極的に取るのがよさそうだ。

 たんぱく質の適度な摂取も重要だ。85歳以上の高齢者からスーパーセンチナリアンまでの幅広い年齢層の調査で、「高齢になっても血中のアルブミン濃度が高い人の方が長生きする」ことが明らかになっている。アルブミンは血中のたんぱく質だ。高齢でアルブミン濃度が低下すると、フレイルになりやすく死亡率も高くなる。

 若い頃はカロリーオーバーに気を付け、中性脂肪が増え過ぎないようにした方がいいが、高齢になればそうしたことよりも、筋肉量を維持するために肉や魚、植物性たんぱく質を食事できちんと取って、血中のアルブミンを高く保った方が健康長寿を期待できる。

高齢者になる前から、世代を超えた人付き合いを

 スーパーセンチナリアンをはじめ、百寿者など元気で長生きな人には、医学的な特徴だけでなく性格にも一定の傾向が見られるという。その一つが、外交的なことだ。

 100歳にもなると、周囲に同年代はほぼいなくなる。だからこそ、年齢が離れた人とも親しい付き合いができる人は、社会とのつながりを持ち続けられる。

 人と会うこと、話すこと、出かける先があることなどで身体活動も脳の活動も増える。つまり、認知機能の低下やフレイルを防ぐことにつながるわけだ。高齢者になる前から、世代を超えた友人や様々なコミュニティーとの関わりを持つようにしたい。

注)老いない食事やゆるトレの具体的な例は、「日経トレンディ」2022年5月号に掲載しています。日経クロストレンド有料会員の方は、電子版でご覧いただけます。
▼関連リンク 「日経トレンディ」(電子版)
20
この記事をいいね!する

日経トレンディ6月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年6月号
【巻頭特集】格安キャンプ道具 徹底調査
【第2特集】2022年上半期ヒット大賞&下半期ブレイク予測
【第3特集】アサヒスーパードライ大勝負
【第4特集】メタバースで変わるサービスと消費
発行・発売日:2022年5月2日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する