クリエイティブセンターの知見を基に発足したソニーデザインコンサルティング(SDC、東京・港)。「DESIGN SHIFT」をスローガンに、社外への事業展開を積極的に進めている。それは知財管理や教育といった領域にも及び、デザイン組織のKPI(重要業績評価指標)標準化にも挑戦している。

ソニーデザインコンサルティング(SDC)の事業領域の1つ、「教育」におけるミッションステートメント
ソニーデザインコンサルティング(SDC)の事業領域の1つ、「教育」におけるミッションステートメント
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインを取り巻く環境が大きく変わりつつある中、色や形といった狭義のデザインの枠組みを超え、デザインに求められる役割が広がってきている。ソニーグループのクリエイティブセンターが担っているのは、まさにそこだ。「ソニーだからできるのだ」と思っていたが、実態はそうではなかった。

 本連載では、クリエイティブセンターにおいて、デザインがどのようにその領域を広げ、具体的にどんな役割を担っているかを取り上げていく。同時に、デザインとは企業の独自性や創造性を強化していくうえで必要不可欠な要素であるという、私が長年抱いてきた考えについても検証していきたい。読者の皆さんにとって、何らかのヒントになれば幸いだ。

 連載第4回は、前回に続き、2020年4月に設立されたSDCを取り上げる。ここは、クリエイティブセンターが長年にわたって培ってきた、デザインにまつわる知見や経験を基に、企業の戦略づくり、製品の開発とデザイン、デザイン組織の評価や運営、商標や意匠といった知的財産管理など、デザインコンサルティングを行っているところだ。

▼前回はこちら ソニーがデザインコンサルティングを事業化した狙いとは?

 SDCの活動領域は、大きく「デザインコンサルティング」「デザインサービス」「デザインマネジメント」の3つに分けられる。前回は「デザインコンサルティング」と「デザインサービス」の2つに触れた。今回は「デザインマネジメント」について、知財管理や教育にまつわる事例を交え、シニアマネージャー/シニアプロデューサーを務める江下就介さん、リエゾンマネージャー/シニアコンサルタントの山内文子さんの話を聞いた。

江下就介氏(写真/丸毛 透)
(写真/丸毛 透)
[画像のクリックで拡大表示]
江下 就介(えした しゅうすけ)氏
ソニーデザインコンサルティング
インタラクションデザインを中心としたデザイン開発業務および戦略担当プロデューサーとして、企業内デザイン部門の活用施策、デザイン戦略立案業務、新規事業提案プロジェクトに携わる。2020年4月より現職。現在は、デザインの効用論をベースとした、デザイン知財マネジメント/デザイン教育プログラムの開発に従事。 iF Design Award、Red Dot Design Award、グッドデザイン賞など多数受賞
山内文子氏(写真/丸毛 透)
(写真/丸毛 透)
[画像のクリックで拡大表示]
山内 文子(やまのうち ふみこ)氏
ソニーデザインコンサルティング
クリエイティブセンター スタッフ組織の統括部長を務め、2020年3月末の役職定年後より現職。設立に携わったソニーデザインコンサルティングでは、事業企画、行政や大学、クライアントとのコラボレーションやコンサルティングに従事。16年「第4次産業革命におけるデザイン等のクリエイティブの重要性及び具体的な施策検討に係る研究会」招聘委員。一橋大学データ・デザイン研究センター研究員