ソニーグループの「ハブ」として、重要な役割を果たすクリエイティブセンター。そこから生まれた紙「オリジナルブレンドマテリアル」は、竹、サトウキビ、リサイクルペーパーで作ったサステナブル素材だ。プラスチックを一切使わないパッケージのデザインには、ユーザーの行動変容を促す意図も込められている。開発プロジェクトは、1人のデザイナーの「思い」から始まった。ジャーナリストの川島蓉子氏が、その開発の一部始終を聞いた。

「オリジナルブレンドマテリアル」をパッケージに初めて採用した完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドセット「WF-1000XM4」(2021年6月発売)
「オリジナルブレンドマテリアル」をパッケージに初めて採用した完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドセット「WF-1000XM4」(2021年6月発売)

 デザインを取り巻く環境が大きく変わりつつある中、色や形といった狭義のデザインの枠組みを超え、デザインに求められる役割が広がってきている。ソニーのクリエイティブセンターは、まさにその領域でも真価を発揮している。「ソニーだからできるのだ」と思っていたが、実態はそうではなかった。

 本連載では、クリエイティブセンターにおいて、デザインがどのようにその領域を広げ、具体的にどんな役割を担っているかを取り上げていく。

 とともに、デザインとは、企業の独自性や創造性を強化していくうえで必要不可欠な要素である──私が長年抱いてきた考えについても検証していきたい。読者の皆さんにとって、何らかのヒントになれば幸いだ。

 第2回は、クリエイティブセンターで長年にわたり、パッケージデザインを担当してきた廣瀬賢一さんと林貴江さんの話を聞いた。2021年6月、ソニーが発表したサステナブルな紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」の開発を率いた担当者だ。インハウスデザイナーが社会課題に取り組み、商品化に至った事例として取り上げたい。

廣瀬 賢一(ひろせ けんいち)氏
ソニーグループ クリエイティブセンター
1969年京都府生まれ。東京藝術大学卒業。93年ソニー(現ソニーグループ)へ入社。パッケージデザイン、パッケージデザインR&Dに従事。日本パッケージデザイン大賞、ジャパンパッケージングコンペティション経済産業大臣賞、日本パッケージングコンテスト経済産業大臣賞、アジアスター賞プレジデントアワード、Pentawards、iF Design Award金賞など受賞多数

 企業活動における環境への取り組みは、1990年代のエコロジーブームとは、まったく異なる局面に向かっている。表層的に体裁を取り繕うレベルではなく、核心に踏み込んだ本質的なレベルが求められており、それをできるかどうかが企業や商品イメージに直結するようになっている。そこにデザインが深く関与しなければならないのは、改めてここで触れるまでもない。

 パッケージにおける素材循環を促すことを目的に、クリエイティブセンターが主導して進めたプロジェクトが「オリジナルブレンドマテリアル」だ。環境に配慮したサステナブルな紙をゼロから開発した。

 環境負荷の少ない素材を用い、パッケージとしての優れた機能性や美観を実現しながら、ユーザーに対し、「環境対応の重要性」を「伝える」ことも目的に据えている。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
30
この記事をいいね!する