※日経エンタテインメント! 2022年7月号の記事を再構成

大胆に構築されたパースと独特なカメラワークによる演出、鮮やかな色使いによる奇想天外で斬新な映像表現。『四畳半神話大系』『ピンポン THE ANIMATION』『映像研には手を出すな!』など数々のヒット作を生み出し、国内外で多くのアニメ賞を受賞する鬼才・湯浅政明監督の最新映画『犬王』が公開中だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 原作は古川日出男の『平家物語 犬王の巻』(河出文庫)。時は今から遡ること600年前の室町時代。猿楽(能楽)の一座に生まれた異形の子・犬王と、神器を見た天罰で盲目となった琵琶法師の友魚(ともな)は都で出会い、互いの才能を開花させながら、陰謀と野心が渦巻く乱世の世を唯一無二のパフォーマンスで上り詰めていく。ミステリーを紐解いていくかのような物語構成、荘厳な琵琶の音色と力強いロックサウンド、そして歌によって、誰も見たことがない圧巻のミュージカルアニメーションが展開する。

 脚本はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』などを手掛けるヒットメーカーの野木亜紀子、音楽はロック、ジャズ、前衛音楽など幅広い音楽性を持つ大友良英(『あまちゃん』など)と実写の世界で引っ張りだこの面々。さらにキャラクター原案には『鉄コン筋クリート』『ピンポン』で知られる人気マンガ家の松本大洋という強力なクリエーター陣も話題だ。

 湯浅監督によると、映画『犬王』は「室町時代のポップスターを描く」というプロデューサーの提案から始まったという。

犬王(声・アヴちゃん/女王蜂)/猿楽能の一座の棟梁の元に生まれながら、異形のため疎まれて育った少年。普段は瓢箪の面を被り、誰からも奇異の目を向けられていたが、友魚と出会ったことで本来持つ能楽師としての才能を飛躍的に開花させていく
犬王(声・アヴちゃん/女王蜂)
猿楽能の一座の棟梁の元に生まれながら、異形のため疎まれて育った少年。普段は瓢箪の面を被り、誰からも奇異の目を向けられていたが、友魚と出会ったことで本来持つ能楽師としての才能を飛躍的に開花させていく
[画像のクリックで拡大表示]
友魚(声・森山未來)/犬王のバディとなる盲目の琵琶法師。かつて滅亡した平家が残した遺物が今も海中に眠る壇ノ浦で家族とともに暮らしていたが、都から「三種の神器」の1つである剣を探しに来た者たちが現れたことにより運命が変わっていく
友魚(声・森山未來)
犬王のバディとなる盲目の琵琶法師。かつて滅亡した平家が残した遺物が今も海中に眠る壇ノ浦で家族とともに暮らしていたが、都から「三種の神器」の1つである剣を探しに来た者たちが現れたことにより運命が変わっていく
[画像のクリックで拡大表示]
犬王役のアヴちゃん(写真右)と友魚役の森山未來。劇中で犬王が披露する演目の歌詞はアヴちゃんが担当。「譜割や歌い方もアヴちゃんを中心にできていきました」(湯浅監督)
犬王役のアヴちゃん(写真右)と友魚役の森山未來。劇中で犬王が披露する演目の歌詞はアヴちゃんが担当。「譜割や歌い方もアヴちゃんを中心にできていきました」(湯浅監督)
[画像のクリックで拡大表示]
写真左から、友魚の父(声・松重 豊)は、友魚とともに「三種の神器」の剣を探しに海に出た際、罰を浴びて亡くなってしまう。都で猿楽能の一派、比叡座を率いる犬王の父(声・津田健次郎)。室町幕府第3代将軍(足利義満/声・柄本 佑))。妻の進言で犬王たちを宴に招くことになるが…
写真上から、友魚の父(声・松重 豊)は、友魚とともに「三種の神器」の剣を探しに海に出た際、罰を浴びて亡くなってしまう。都で猿楽能の一派、比叡座を率いる犬王の父(声・津田健次郎)。室町幕府第3代将軍(足利義満/声・柄本 佑))。妻の進言で犬王たちを宴に招くことになるが…
[画像のクリックで拡大表示]

新しい解釈で室町時代を描く

 「原作を読ませてもらったら面白くて。ちょっと猟奇的で、犬王にかかった呪いが唄い舞うことで払拭されていくオカルト的な要素もありましたし、昔いたポップスターという存在が今現在我々が想像するより実はもっとポップな存在だった、というのを描いてみたいと思いました」(湯浅監督、以下同)(写真/藤本和史)

湯浅政明
[画像のクリックで拡大表示]
湯浅政明(ゆあさ・まさあき)
1965年生まれ、福岡県出身。アニメーション監督、演出家、脚本家。1999年に監督デビュー。文中以外の監督作は、『マインド・ゲーム』『DEVILMAN crybaby』『夜明け告げるルーのうた』など

 ポップスターとして描かれる犬王は、実在したものの歴史上あまり記述が残っていない謎の能楽師。だからこそ、「残らなかった理由を探ると同時に、驚くようなパフォーマンスを描きたい」と考えた。

 「残っている数少ない確定したものだけから、昔を矮小化して想像するのはおかしいと思っていて、もっと肥沃でカラフルな昔を描きたかったんです。でもそんな型破りなことをやるためには逆に、烏帽子(えぼし)の被り方、真っ暗ななかの星空といった時代考証の描写は、これまでのドラマやアニメよりしっかりやりました。ドラマもエンタメ風でありながらしっかり描きつつ、音楽で飛躍してポップな感じにできればと」

 音楽も舞台のアイデアも、根底には「今と変わらないものがあっても全然おかしくない」という考えがあったと言う。2人が紡ぎ出す新しい音楽は、和楽器などで当時の音楽を再現するのではなくロックでいこうと最初から決めていたそうだ。琵琶をエレキギターのようにかき鳴らす友魚と、大胆な仕掛けの舞台上でアクロバティックに動き、バレエなど様々なダンスを踊る犬王。加えて2人の歌声によって、完成した映像からはロックフェスのような狂騒があふれんばかりに伝わってくる。

 「犬王と友魚、彼らの生き様のようなものがエネルギッシュに見えたほうがいいなと。すごい勢いで聴衆を巻き込んでのし上がっていく感じが、ビートルズが世の中に現れたときのようなイメージで。とにかく今の人が見ても違和感があるくらい何か新しいものが始まったと感じてもらうことが必要だったのと、力強い感じが欲しかったので、それはもうロックだろうと。舞台効果も客観的には言い訳を作りながらも、多分当時見た人にはこういうふうに見えたんじゃないかと飛躍して、光も火の灯りだけだけど、真っ暗ななかで照らせばこれくらい明るく見えたんじゃないかという感覚でやっています。基本的には失われた物語を拾う話なので、歴史認識も最大限に想像を広げて、考えうる限りの全てのことをしたという感じです」

 映画は既に海外の映画祭でも高い評価を受けている。

 「能も昔は動きが3倍速かったと言われ、サーカスじみたアクロバティックなパフォーマンスまであったようなんです。唄と舞でストーリーを演じるから“能はミュージカルである”と言われていて。この作品は音楽シーンが長く、それが面白さだとは思っていましたが、思ったより後半は本当にミュージカルのように歌ってストーリーを語るものになったので、歌詞にも耳を傾けてもらえると、より映画にも乗れるかなと思います」

【ストーリー】600年前に実在したポップスターの物語
異形の能楽師・犬王と、神罰によって盲目となった琵琶法師・友魚がバディを組み、芸能への情熱と呪いの真実を求めて室町時代を駆け抜けるミュージカルアニメーション。「オカルトっぽい怖さもあり、結局誰が犯人かみたいなミステリーもあり、名前が重要で、これは名前が生き方につながっている話である、というところで1本の話にまとめていきました。バラバラのピースを最後の舞台で集約させて決着する、みたいな感じですね」(湯浅監督)。公開中/アニプレックス、アスミック・エース配給。
犬王の造形も細やかに ~キャラクター原案は松本大洋
(左)古い面/湯浅政明。(右)犬王/松本大洋
(左)古い面/湯浅政明。(右)犬王/松本大洋
[画像のクリックで拡大表示]
湯浅監督とは『ピンポン THE ANIMATION』以来のタッグとなるマンガ家の松本大洋が キャラクター原案を担当。右は松本が描いた犬王の全身姿。長い手が収容されている袖 なども描かれている。左は湯浅監督の描いた古い面
伝統芸能のなかで生きる犬王と友魚は、これまでにない新しいパフォーマンスによって都の人々を魅了していく。「芸能は、死ぬ気で頑張らなきゃやっていけなかった、厳しい時代だったと思うんです。他の座と一緒にその場でやって優劣を決めるといった対バンみたいなものもよくあったらしく、それに勝って殿様にでも召し抱えられたりしなければいい暮らしなどできない。それもいつ他の座に取って代わられるか分からないし、田楽など他の芸能に取って代わられる可能性も常にあった。そのあたりの凌ぎ合いの切実さもあったと思います」(湯浅監督)
伝統芸能のなかで生きる犬王と友魚は、これまでにない新しいパフォーマンスによって都の人々を魅了していく。「芸能は、死ぬ気で頑張らなきゃやっていけなかった、厳しい時代だったと思うんです。他の座と一緒にその場でやって優劣を決めるといった対バンみたいなものもよくあったらしく、それに勝って殿様にでも召し抱えられたりしなければいい暮らしなどできない。それもいつ他の座に取って代わられるか分からないし、田楽など他の芸能に取って代わられる可能性も常にあった。そのあたりの凌ぎ合いの切実さもあったと思います」(湯浅監督)
[画像のクリックで拡大表示]
(C) 2021 “INU-OH” Film Partners