第11回は、2022年の第2四半期(22年4月1日~6月30日)における中国スタートアップへの投資情報を整理・分析する。

2022年第2Q終了時点における中国のユニコーン企業をマップ形式で示した
2022年第2Q終了時点における中国のユニコーン企業をマップ形式で示した

 2022年の第2四半期(今回は22年4月1日~6月30日、以下第2Q)における中国企業による資金調達件数は計1130件で、推定総額約1554億元(約3兆1469億円)の資金調達が行われた。1件当たりの資金調達額は、1億3750万元(約27億8438万円)となっている。注目業界には、「先進製造」「医療健康」「企業向けサービス」に加え、「自動車交通」「伝統製造」の5業界が挙げられる。また、第2Q終了時点における計29社のユニコーン企業のうち、新出ユニコーン企業は15社。その中でとりわけ多いのが、「先進製造」の7社だ。

直近3年間の各年第2Qにおける資金調達(投資)件数および平均資金調達(投資)額の推移
直近3年間の各年第2Qにおける資金調達(投資)件数および平均資金調達(投資)額の推移
直近3年間の各年第2Qにおける資金調達(投資)件数および平均資金調達額を比較した。左縦軸目盛り(棒グラフ)が資金調達(投資)件数を、右縦軸目盛り(ひし形マーク)が投資1件当たりの平均資金調達額を示す(出所/匠新)

1件当たりの資金調達(投資)額が3年間で最少に

 22年第2Qにおける中国企業による資金調達件数は、前年同期(1482件)に比べて352件減少、率にして23.8%少なかった。資金調達額は1389億7600万元(約2兆8143億円)低下し、同時に投資1件当たりの平均資金調達(投資)額も1億9861万元(約40億2185万円)から6112万元(約12億3768万円)減少、率にすると30.8%も少なくなっている。

 20年から21年は、資金調達件数が1112件から1482件へと370件(33.3%増)もの大幅な上昇を見せると同時に、投資額も1113億6000万元(約2兆2550億円、60.9%)の増加となっていた。よって、投資金額の増加率が投資件数のそれの約2倍となり、1件当たりの投資額は1億6455万元(約33億3214万円)から1億9861万元(約40億2185万円)へと3406万元(約6億8972万円、20.7%)の増加を記録。20年から22年の全体推移では、1件当たりの平均資金調達額が1億6455万元から1億3750万元へと2706万元(約5億4797万円、16.4%)の減少を記録していることが分かる。また、3年間の同期比で見ると、21年の投資件数および投資額ともに、際立って短期的な急増を見せていたことが分かる。

 次に、直近3年間の第2Qにおける各業界の資金調達(投資)件数を見てみる。

直近3年間の各年第2Qにおける各業界の資金調達(投資)件数
直近3年間の各年第2Qにおける各業界の資金調達(投資)件数
棒グラフは、直近3年間の第2Qにおける各業界の投資件数を示す。なお、「メタバース」は、21年からの2年分のデータのみ(出所/匠新)

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する