リサイクル&アップサイクルへの挑戦 第10回

今、業種業態を問わずあらゆる企業に求められているのが、商品や原料を捨てずにアップサイクルする工夫だ。今回はロッテ、日本航空(JAL)グループ、三越伊勢丹、小松マテーレなど業種が異なる企業が、どのようにアップサイクルに取り組んでいるかを紹介する。

 ロッテは「DO Cacao Project」を2015年から推進している。カカオという素材に向き合い、探求し、ものづくりの可能性を広げていく挑戦的なプロジェクトだという。背景には「“素材のポテンシャルを最大限に引き出した最高のチョコレート”をお客さまにお届けするために、カカオ豆の生産から携わりたい」という思いがあった。そして22年1月、同プロジェクトをきっかけに3つの商品を売り出した。

 1つ目が「DO Cacao chocolate」だ。原材料の生産から着手するため、世界中のカカオ産地に目を向け、理想の素材に適した土地探しからスタート。パプアニューギニアにたどり着き、チョコレートの素材として高品質なカカオ豆を見つけた。長期間現地に滞在し、苗の生育確認や発酵試験など多くの試行錯誤を繰り返した。結果、カカオが持つフルーティーで力強い香りを生かしたチョコレートに仕上がった。

「DO Cacao chocolate」は、1セット10粒入りで2160円(税込み、以下同)(写真提供/ロッテ)
「DO Cacao chocolate」は、1セット10粒入りで2160円(税込み、以下同)(写真提供/ロッテ)

 2つ目はビールのような味わいを持つ独自アルコール飲料「CACAO & HOP」。チョコレートの製造過程で発生するカカオ豆の外皮(カカオハスク)を活用し、外部企業の新潟麦酒(新潟市)の手を借りて開発した。DO Cacao chocolateの外皮ではないが、カカオの新たな可能性を引き出そうと考えた商品で、ホップだけでなくカカオの香りと苦みも楽しめるという。飲み始めはチョコレートを口に含んだときのような、カカオの香りが広がり、その後はしっかりとした味わいを感じるそうだ。食前酒として楽しんでほしいという。

「CACAO & HOP」は、1セット3本入りで2046円(写真提供/ロッテ)
「CACAO & HOP」は、1セット3本入りで2046円(写真提供/ロッテ)

 3つ目がネクタイの「CACAO TIE」だ。「CACAO & HOP」と同様、新たな可能性への挑戦になる。カカオハスクから染料を抽出して染めた絹糸を使用しており、デザインや生産はスマイルズ(東京・目黒)のネクタイ専門ブランド「giraffe」が担当した。レジメンタルと千鳥柄のリバーシブルタイ、結び目の少し下にある2本のラインがポイントになるタイ、カカオの絵が入ったボタニカル柄のタイという3種類のデザインを用意した。どれもすぐに売り切れた。

「CACAO TIE」は、各1万5400円で発売していた(写真提供/ロッテ)
「CACAO TIE」は、各1万5400円で発売していた(写真提供/ロッテ)

 今後も外部のパートナー企業と共創していき、同プロジェクトを通じてカカオやチョコレートの新しい可能性を広げていきたいという。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する