商品を企画、販売するときに大事なのは、ユーザーの自己肯定感を上げること、つまり「承認欲求を満たすこと」だと、長年、若年女性向けの商品開発に携わってきたフリュー「ガールズトレンド研究所」所長の稲垣涼子氏は言う。若年女性から高い支持を集めるプリントシール機に学ぶ、今どき女子の「二大行動原理」とは?

※本連載は新刊『カワイイエコノミー』より、「流行」についての項目を一部抜粋、編集したものです
すべてのヒット商品には「自己肯定感を高める」仕掛けがある(写真:Elena Rudakova/shutterstock.com)
すべてのヒット商品には「自己肯定感を高める」仕掛けがある(写真:Elena Rudakova/shutterstock.com)
[画像のクリックで拡大表示]

 みなさんに知っておいてほしいことがあります。女の子の行動原理です。私たち(フリュー「ガールズトレンド研究所」)が商品の開発を通し、長年女の子を観察して、調査して、会話を掘り下げ続けた結果、女の子の行動理由は大きく2つに集約されていることが分かりました。

(1)自分が1人ではないという安心感
(2)他者から評価されることも含めた自己肯定感

 この2つは、まとめると「承認欲求」ということです。今の時代、何をするにしても、女の子はこの2つの欲求を根底に持ち合わせていると考えて間違いありません。1つずつ見ていきましょう。

 「自分が1人ではないという安心感」とはどういうことでしょうか。

 例えば、私たちフリューが開発しているプリントシール機(以下プリ機)は、基本的に2人以上で撮影します。当社が実施した、プリ機で撮ろうと思った目的を調べたアンケート(複数回答可)でも、「その日の思い出を残すため(記念)」が74%と圧倒的に多く、「友達と一緒に撮影・落書きなどを楽しむため(遊び)」が36%と続いています。「ブログやSNSに載せるため(盛れる)」の22%を上回っています。

新刊『カワイイエコノミー』(日経BP)
新刊『カワイイエコノミー』(日経BP)

 つまり、機能よりも場としての価値を見いだしている人が多いことが分かります。プリ機で撮るときは、撮影空間へ一緒に入ります。わいわい落書きしたり、コミュニケーションを取ったりしながら、1つのものを完成させます。それを分け合って持ち帰る。この一連の流れで人とのつながりを非常に強く感じられるのです。

 プリントシールを一緒に撮ることは「仲間」の証明にもなります。女の子はおそろいのものを使ったり、コーディネートを合わせたりするのが好きです。自分と遊び仲間のグループにチーム名をつける人もいます。プリントシールはそれを記録できるわけですから、格好の遊び道具です。落書きでチーム名を書いたりする行為も、また仲間の絆を強めます。

なぜ女の子はTikTokに動画を載せるのか

 これらはプリ機だけではなく、女の子にヒットしたサービスや商品に見られます。また、「自己肯定感」を上げる商品が人気なのは、性別や年齢を問わず、広いターゲットにも言えることでしょう。

 SNSも「1人じゃない」を確認するためのツールとしては最適です。人々がなぜTikTokに動画を載せるかというと、他のユーザーの反応を得たいからです。反応があれば「1人じゃない」と安心できますし、自己肯定感にもつながります。LINEも同じですね。

この記事は会員限定(無料)です。