千客万来! 地域一番店 第1回

アフターコロナに重要になるのはまさに「土着化」。全国各地にある人気のスーパーマーケットや飲食店などを直撃し、地元民に愛される理由を深掘りすると、「地域貢献」「強い独自商品」「あえて非効率」など、共通のキーワードが見えてきた。知る人ぞ知る「地域一番店」から、商売やマーケティングの成功につながるヒントを探る。

 47都道府県それぞれで味の異なる「47 JIMOTO フラペチーノ」を期間限定で発売したスターバックス。店舗が地域の課題解決や貢献に取り組む、地域密着型の事業モデルへと大きくかじを切った無印良品。こうした例を出すまでもなく、アフターコロナに重要になるのはマスマーケティングよりも「土着化」だ。生活者個人の心をつかみ、地域に根付くためにはどうすればいいのか。全国各地にある、知る人ぞ知る、なぜか地域に愛される店を取材してみたところ、以下の5カ条が浮かび上がってきた。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。