2022-2030大予測 第22回

2021年12月3日発売の「日経トレンディ 2022年1月号」では、「2022-2030大予測」を特集。高い没入感が魅力のVR映画が進化し、視点を検知するアイトラッキング技術と融合することで、ストーリーが“見たい結末”に向かう新体験をもらたす。視聴者の興味・関心によって結末が変わる映画『HERA』は22年中に完成を目指す。眼鏡のように軽く持ち運べるVR機器が発売されれば、より気軽に見られるようになるだろう。

※日経トレンディ2022年1月号の記事を再構成

ゴーグル型で軽量のVR機器が開発されれば、アイトラッキングを利用した、自然とストーリーが変わっていくマルチエンディングのVR映画がより身近なものになるだろう
ゴーグル型で軽量のVR機器が開発されれば、アイトラッキングを利用した、自然とストーリーが変わっていくマルチエンディングのVR映画がより身近なものになるだろう

前回(第21回)はこちら

【2025年はこうなる!】アイトラッキングで個人の感情や状態に沿う作品やサービスができる

 まるで登場するキャラクターが目の前にいるような、高い没入感が魅力のVR映画。それがさらに進化し、視点を検知するアイトラッキング技術と融合することで、没入感はそのまま、ストーリーが自然と分岐していく画期的な作品が生まれる。

「日経トレンディ 2022年1月号」の購入はこちら(Amazon)

 VR作品は、2016年に公開された『攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER』など、10年代後半から続々と新作が発表されている。ヴェネツィア国際映画祭ではVR部門も設けられた。世界各国で様々なVR作品が製作されており、新たな市場ができつつある。

■『攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER』
10年代後半から次々と新作が発表される
10年代後半から次々と新作が発表される

自然とストーリーが分岐し、VRの高い没入感をそのままに

 そうした正統進化の中、視聴者の興味・関心によって結末が変わるという異色のVR映画が発表される。映像や体験型コンテンツの監修やデザインなどを行うstoicsenseとWOWOWが、19年春から共同で進めているプロジェクト『HERA』だ。

 このVR映画は未来都市「TOKYO」を舞台に、彼女・ルナとヒト型AIアシスタント・HERAの間で揺れ動く、主人公・ニールの姿を描いたSF作品。前述の『攻殻機動隊~』などのVR作品を手掛けた東弘明氏が監督・原作を担う。

 結末は大きく3パターン。「AIやXR技術によって他者とのつながり方が大きく変わろうとしている今、仮想世界にもリアルな思いが存在し得るという、ポジティブなメッセージを3つの結末を通して伝えたい」(東氏)。また、結末の分岐に加えて登場するキャラクターの衣装や発言など、細かい分岐も作り込んでいるという。

■HERA(stoicsense、WOWOW)
アイトラッキングを利用し、自然とストーリーが変わっていくマルチエンディングのVR映画
アイトラッキングを利用し、自然とストーリーが変わっていくマルチエンディングのVR映画
例えば、上左の画面でどちらの女性を見ているかによって、そちらに近付いていきストーリーが変わる。キャラクターが選ぶ衣装やセリフなど、結末以外にも分岐がある
例えば、上左の画面でどちらの女性を見ているかによって、そちらに近付いていきストーリーが変わる。キャラクターが選ぶ衣装やセリフなど、結末以外にも分岐がある
『HERA』の監督・原作を手掛ける東氏は、完成後もコンテンツを進化させると語る。「AIで主人公と対話できる。あるいはARグラスが普及したら、HERAの登場人物が街中に現れてストーリーが展開したり、日常的にアシスタントとして働いたり、様々な可能性がある」(東氏)
『HERA』の監督・原作を手掛ける東氏は、完成後もコンテンツを進化させると語る。「AIで主人公と対話できる。あるいはARグラスが普及したら、HERAの登場人物が街中に現れてストーリーが展開したり、日常的にアシスタントとして働いたり、様々な可能性がある」(東氏)

 視聴者の興味・関心によってストーリーが変わっていくマルチエンディング(インタラクティブ)作品は通常の映画でも作られており、近年のトレンドの一つ。例えば、18年にNetflixが配信を始めた『ブラック・ミラー:バンダースナッチ』は大きな話題を呼んだ。Netflixでは21年11月中旬時点で、他にも『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』や『マインクラフト:ストーリーモード』など、複数のインタラクティブ作品が配信されている。

■『ブラック・ミラー』
Netfixシリーズ『ブラック・ミラー』シーズン1~5独占配信中
Netfixシリーズ『ブラック・ミラー』シーズン1~5独占配信中
■『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』
Netfix作品『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』独占配信中
Netfix作品『アンブレイカブル・キミー・シュミット:キミーVS教祖』独占配信中

 ただ、これらは作品の中で選択肢のバナーが現れ、視聴者がどれを選ぶかによってストーリーが分岐していく仕組み。一方で、『HERA』が画期的なのが、その作業をすることなく自然とストーリーが分岐していくことだ。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する