2022-2030大予測 第21回

2021年12月3日発売の「日経トレンディ 2022年1月号」では、「2022-2030大予測」を特集。ネット上にできた3次元の仮想空間の中で、人々が「アバター」(分身)の姿で生活するサービス「メタバース」。2030年にはこの空間にエンタメやビジネスが集結し、誰もが楽しむ未来がやってくる。まずはスマートフォンなど既存のデバイスからの参加が主流になり、将来的にはゴーグル型のAR/MRグラスで入るようになる。

※日経トレンディ2022年1月号の記事を再構成

当初はスマホなど既存のデバイスからメタバースに入り、将来的にはAR/MRグラスで利用できるように
当初はスマホなど既存のデバイスからメタバースに入り、将来的にはAR/MRグラスで利用できるように

前回(第20回)はこちら

【2030年はこうなる!】誰もがアバターとなって仮想世界を楽しむ

 誰もがSNSを見る代わりに、仮想の街を歩き回って、人々と交流するなど思い思いに過ごす――。そんな時代が10年以内に訪れそうだ。

「日経トレンディ 2022年1月号」の購入はこちら(Amazon)

 メタバースは「meta」(超越した)と「universe」(宇宙)の合成語。ネット上にできた3次元の仮想空間の中で、人々が「アバター」(分身)の姿で交流やイベント参加、ゲーム、買い物などの“生活”ができるサービスを指す。2003年に始まった「セカンドライフ」(米リンデンラボ)など00年代からあったが、当時はネットワーク速度が遅くて使い勝手が悪く、伸び悩んだ。

 しかし10年代後半から、「Roblox」(米Roblox)や「フォートナイト」(米Epic Games)、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)など3Dゲームの世界がメタバースとして使われ、音楽ライブやイベントなどの開催事例が続出。1000万人以上が参加した音楽ライブなど、現実世界ではあり得ない現象も起きた。また、コピー不可のデジタル資産である「NFT」(非代替制トークン)の技術により、メタバースの中でデジタルアートなどの商品を売買できる可能性も出てきた。

旧Facebookなど様々な大企業の参入で22年はメタバース元年になる?

 こうした事情から、「SNSの次はメタバース」の機運が上昇。米メタ・プラットフォームズ(旧Facebook)や米マイクロソフトなど、多くの企業がメタバース参入を表明した。

■メタ・プラットフォームズ
21年8月に仕事向けVRツール「Horizon Workrooms」を発表(上画像)。10月にはFacebookか社名変更をして、メタバースを中核事業に据えると発表した
21年8月に仕事向けVRツール「Horizon Workrooms」を発表(上画像)。10月にはFacebookか社名変更をして、メタバースを中核事業に据えると発表した
■マイクロソフト
ネット会議ツールのTeamsで3Dアバターが使用可能になる「Mesh for Microsoft Teams」を22年前半に提供すると発表。企業向けメタバースの可能性を探る
ネット会議ツールのTeamsで3Dアバターが使用可能になる「Mesh for Microsoft Teams」を22年前半に提供すると発表。企業向けメタバースの可能性を探る

 初期のメタバースであるセカンドライフは、自由度が高い代わりに参加目的が不明確で、人が集まりにくかった。フォートナイトのようなゲームがメタバースとして成功したのは、ゲームという共通の目的があるからだ。グリーの子会社でメタバース事業の中核であるREALITY社長のDJ RIO氏(アバター名)も「この先、ゲーム以外にも『エンタメ向き』『仕事向き』『コミュニケーション向き』などの特徴を備えた様々なメタバースが登場し、利用者獲得競争が始まる」と想定する。

■REALITY
18年8月にVTuberのライブ配信を視聴するアプリとしてスタート。グリーのメタバース事業参入発表を受け、21年8月にはアバターが歩き回れる「ワールド」のテストを実施した
18年8月にVTuberのライブ配信を視聴するアプリとしてスタート。グリーのメタバース事業参入発表を受け、21年8月にはアバターが歩き回れる「ワールド」のテストを実施した
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する

日経トレンディ2月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年2月号
【巻頭特集1】ほったらかし株&投信
【巻頭特集2】年金を最大化する方法
【第2特集】新鮮! 回転すしマーケティング
【インタビュー】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
発行・発売日:2022年1月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する