2022-2030大予測 第7回

2021年12月3日発売の「日経トレンディ 2022年1月号」では、「2022-2030大予測」を特集。いわゆる「空飛ぶクルマ」と呼ばれるエアモビリティーが実用化に向けてラストスパートに入った。日本国内では、25年4月に開幕する大阪万博の目玉の一つとして、大阪府や国が開発を後押し。その先の市場獲得を視野に入れ、国内外のメーカーや関連企業が動きを加速させている。

※日経トレンディ2022年1月号の記事を再構成

「空飛ぶクルマ」が新たな交通手段となる時代が来る
「空飛ぶクルマ」が新たな交通手段となる時代が来る

前回(第6回)はこちら

 いわゆる「空飛ぶクルマ」と呼ばれるエアモビリティーが、実用化への離陸に向けラストスパートに入った。サービス開始に王手をかけているのは、いずれも「eVTOL(electrical Vertical Take-Off and Landing)」と総称される、電動で垂直離着陸が可能なドローン型の機体だ。

「日経トレンディ 2022年1月号」の購入はこちら(Amazon)

 急速に開発が進む背景には、都市渋滞の解消や地方都市で消滅していく交通インフラの代替手段としての期待の高まりがあり、自動車開発で先行するバッテリーやセンサーの高性能化、ドローン技術の発達などが現在の活発な開発合戦を可能にした。脱炭素化の大きな流れも受け、航空機や自動車の大手メーカーから新興テックまで、世界中で300を超える開発プロジェクトがしのぎを削っているという。

日本では2025年の大阪万博に実用化の照準定める

 日本国内でも、空飛ぶクルマを実際に見たり乗ったりできる日は、意外と早く訪れそうだ。2025年4月に開幕する大阪万博の目玉の一つとして、大阪府や国が開発を強く後押ししているからだ。飛行のためのインフラ整備なども含め、国内外の様々なメーカー、関連企業が大阪万博での飛行実現と、その先に日本での市場獲得を視野に入れ、動きを加速させている。

 機体の開発は、国内ではホンダ、川崎重工、東大発ベンチャーのテトラ・アビエーションなど複数社が進めるが、先頭を走るのがSkyDriveだ。

 同社は20年8月に、国内では初となる有人でのテスト飛行の様子を公開した。開発した試験機「SD-03」は、プロペラを二重反転にすることで、長さ・幅ともに約4メートルに抑えている。「離着陸にヘリポートが必要な大きさの機体が多い海外メーカーに対し、日本ならではのコンパクトで扱いやすい空飛ぶクルマの開発で差別化を狙う。将来的にはコンビニの駐車場など狭い空間でも離着陸できる、世界最小の2人乗り機を開発し、完全な自動運転化を目指す」(同社代表の福澤知浩氏)

■SD-03(SkyDrive)
有人飛行用の試験機。プロペラを二重反転とし、8枚のプロペラを4カ所に留めることで、コンパクトな機体と十分な揚力の両立を目指す(写真/SkyDrive提供)
有人飛行用の試験機。プロペラを二重反転とし、8枚のプロペラを4カ所に留めることで、コンパクトな機体と十分な揚力の両立を目指す(写真/SkyDrive提供)

 SkyDriveは21年9月に、空飛ぶクルマの実用化に向け、大阪府・大阪市と連携協定を締結。10月には万博会場となる夢洲から近い大阪港中央突堤の上空を、空飛ぶクルマの開発技術を応用した、同社の全幅2メートル近い大型の荷物運搬用ドローンが試験飛行し、話題を呼んだ。

 目下の課題は25年の大阪での事業開始を目指し、航空法に基づく安全・環境基準に適合していると、型式証明を得ることだ。21年10月末に国交省に申請し、空飛ぶクルマとしては初めて受理された。今後、開発と並行して審査を進めていくことになる。

21年9月、SkyDriveは大阪府・大阪市との連携協定を締結
21年9月、SkyDriveは大阪府・大阪市との連携協定を締結

【2030年はこうなる!】空飛ぶクルマの自動運転やオンデマンド運航が始まる

空飛ぶクルマの実用化は、まずは物資運搬の分野などからスタート(出典/経産省ウェブサイト)
空飛ぶクルマの実用化は、まずは物資運搬の分野などからスタート(出典/経産省ウェブサイト)
災害や救急対応、海上など限定エリアでの娯楽用途から、地方での人の移動へと拡大(出典/経産省ウェブサイト)
災害や救急対応、海上など限定エリアでの娯楽用途から、地方での人の移動へと拡大(出典/経産省ウェブサイト)
ホンダは21年9月、eVTOLの開発計画を公表。30年代の実用化を見込み、電動とガスタービンのハイブリッドにより、都市間の長距離移動に対応した機体「Honda eVTOL」を開発する
ホンダは21年9月、eVTOLの開発計画を公表。30年代の実用化を見込み、電動とガスタービンのハイブリッドにより、都市間の長距離移動に対応した機体「Honda eVTOL」を開発する
空飛ぶクルマの飛ぶ30年代のイメージ。都市部での交通インフラとしても使用されるようになり、遠隔操作や自動運転による飛行、オンデマンド運航など、MaaSがエアモビリティーにも拡大(提供/SkyDrive)
空飛ぶクルマの飛ぶ30年代のイメージ。都市部での交通インフラとしても使用されるようになり、遠隔操作や自動運転による飛行、オンデマンド運航など、MaaSがエアモビリティーにも拡大(提供/SkyDrive)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
8
この記事をいいね!する

日経トレンディ2月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年2月号
【巻頭特集1】ほったらかし株&投信
【巻頭特集2】年金を最大化する方法
【第2特集】新鮮! 回転すしマーケティング
【インタビュー】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
発行・発売日:2022年1月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する