未来の市場をつくる100社 2022年版 第12回

個店が多く、IT化も遅れ、レガシーな産業だと思われていたパン業界に、DX(デジタルトランスフォーメーション)で新風を巻き起こしているスタートアップがある。群馬県桐生市に本社を構えるパンフォーユーだ。全国のパン店からパンが届くサブスクリプションサービスには、登録待ちの人々が“行列”をつくる。人気の秘密に迫った。

パンフォーユー代表の矢野健太氏。畑違いのパン業界に飛び込んだ理由は……
パンフォーユー代表の矢野健太氏。畑違いのパン業界に飛び込んだ理由は……

前回(第11回)はこちら

社名:パンフォーユー(群馬県桐生市)
設立:2017年1月
製品/サービス:パンスク、パンフォーユー オフィスなど
市場:パン販売店DX

 パンフォーユーは、「新しいパン経済圏を作り、地域経済に貢献する」というミッションを掲げ、2017年に創業。独自の冷凍技術とITを組み合わせ、パンを作る人だけでなく、売る人、食べる人をつなげて“三方良し”のプラットフォーム構築を目指す。

 強みは、同社独自の冷凍技術にある。独自開発したパンを個包装する専用ビニール袋を使うことで、家庭用冷凍庫でも高い品質を維持したまま冷凍をし、配送が可能になった。個店が多いパン業界では、業務用の高性能な冷凍庫を用意する資金もスペースもない。店舗は特別な設備投資をせずに、焼いたパンを袋に入れて冷凍をするだけでEC化できる。

パンの個包装用ビニール袋を独自開発。この袋に入れて指定のタイミングで冷凍することで、水分量や糊化(α化)度の低下を抑え、長期冷凍保存後でも食感を楽しめるようになった。この技術で30日間冷凍保存したパンと焼成後常温で1日たったパンを比べた場合、冷凍したもののほうが糊化度・水分量ともに多くなったという検証結果もある
パンの個包装用ビニール袋を独自開発。この袋に入れて指定のタイミングで冷凍することで、水分量や糊化(α化)度の低下を抑え、長期冷凍保存後でも食感を楽しめるようになった。この技術で30日間冷凍保存したパンと焼成後常温で1日たったパンを比べた場合、冷凍したもののほうが糊化度・水分量ともに多くなったという検証結果もある

 また、店舗作業のDX支援も同時に行う。同社はパン店向けのITシステムを提供しており、事業者はスマホだけで注文や出荷の対応、データ管理などができる。ECへの参入や業務効率化によって、店舗の収益拡大につながると期待される。

 パンフォーユーは、パン店と消費者をつなぐために、複数のサービスを展開している。1つは、個人向けに冷凍パンを定期宅配する「パンスク」。詳細は後述するが、提携パン店は40社以上、会員登録者は既に1万2000人を突破している。現在は登録するために整理券を配布し、最大3カ月待ちというから驚きだ。

 2つ目が、オフィスの冷凍庫に冷凍パンを届ける法人向けの「パンフォーユーオフィス」。冷凍庫のレンタルにも対応し、東京を中心に200社以上の企業で導入され、21年6月からは大阪でも本格展開を始めた。さらに、飲食店やEC、小売店などのパンを売りたい企業とパン店をつなぐ、OEMのプラットフォーム「パンフォーユーBiz(ビズ)」も拡大中。展開商品数は既に400種以上、取引企業数も100社を超える。

パンフォーユーオフィスは、冷凍庫の設置、商品補充、在庫や売り上げの管理までまとめてパンフォーユーが運用するプランを用意。また、自社で冷凍庫を用意し、冷凍商品だけを受け取るプランもある。パンは毎月ラインアップが変わるため、飽きずに続けられると人気だ
パンフォーユーオフィスは、冷凍庫の設置、商品補充、在庫や売り上げの管理までまとめてパンフォーユーが運用するプランを用意。また、自社で冷凍庫を用意し、冷凍商品だけを受け取るプランもある。パンは毎月ラインアップが変わるため、飽きずに続けられると人気だ

“行列”のできるパン・サブスク 人気の理由は

 独自サービスの中でも、個人向けのパンスクはサブスクリプションモデルを採用しており、極めてユニークだ。1回3990円(税、冷凍送料込み)で、提携している全国どこかのパン店からお薦めのパンが届く。受け取る間隔は、2週間に1回、1カ月に1回、2カ月に1回から選択できる。

全国の提携パン店から定額でパンが届くパンスク。1回に1店舗から届き、毎回変わる。最近では、届いたパンが気に入った場合に、もう一度そのパンを購入できるサービスも開始した
全国の提携パン店から定額でパンが届くパンスク。1回に1店舗から届き、毎回変わる。最近では、届いたパンが気に入った場合に、もう一度そのパンを購入できるサービスも開始した

 19年9月に無料モニターとして300人を募集したところ、5000人の応募が殺到。その後、20年2月に本格ローンチしたところ順調にファンを増やし、前述のように登録待ちの“行列”ができる状態になっている。

 なぜこれほどパンのサブスクが人気を集めているのか。それは驚きを醸成する巧みな仕掛けにポイントがある。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
13
この記事をいいね!する