売れる色 2021~2022 第12回

ぺんてる(東京・中央)は2021年10月13日、ゲルインク「ENERGEL(エナージェル)」の発売20周年を記念して、インクもデザインも黒にこだわった「エナージェル ブラックカラーズコレクション」を数量限定で発売した。SNSでは「ぜひ定番にしてほしい」という声が多く届いているという。

「エナージェル」の発売20周年を記念して企画した「エナージェル ブラックカラーズコレクション」。単品でも購入できるが、6色セットを購入する人が多かった
「エナージェル」の発売20周年を記念して企画した「エナージェル ブラックカラーズコレクション」。単品でも購入できるが、6色セットを購入する人が多かった
[画像のクリックで拡大表示]

 「エナージェル」はぺんてるが2000年に発売して以来、累計販売本数10億本(21年9月時点)を超えるゲルインクボールペン。その特徴は、従来のボールペンにはない「なめらかな書き味」や「濃く鮮やかな筆跡」、左利きの人でも手が汚れない「優れた速乾性」だ。「サイン文化が浸透している海外の人たちにも使いやすいインクを作りたいという思いから開発した」と、とぺんてる製品戦略本部商品企画部商品企画グループ係長の直井美夏氏は語る。

前回(第11回)はこちら

 グローバルでファンを獲得しているエナージェルの20周年を記念して企画したのが、ボディーもインクも「黒」にこだわった大人向けのボールペン「エナージェル ブラックカラーズコレクション(以下、ブラックカラーズ)」である。黒好きな人の支持を集め、新型コロナウイルス禍で試し書きを用意していない店舗もある中、好調に売れているという。

店舗によっては、写真のようなディスプレーで展開
店舗によっては、写真のようなディスプレーで展開
[画像のクリックで拡大表示]

 実はこの企画は第2弾。21年6月には第1弾として、エナージェルの20色セットを発売。こちらはインクに合わせたカラーをボディーにあしらったカラフルなセットとなっている。

 黒にこだわった20周年企画に取りかかったのは20年春。当初は「20周年を記念した代理店や販売店向けのリアルイベントを開催し、その場で来場者の好みに合わせてブラックインクを調色して、市場には出ていないペンをプレゼントすることを考えていた」と直井氏は話す。だがコロナ禍でイベントの開催が難しくなり、製品化することになったのだ。

この記事は会員限定(無料)です。