2022年ヒット予測ランキング 第6回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2022年ヒット予測」を特集。5位に「軽量“スマート”グラス」が選ばれた。これまでとは一線を画す、軽くて見栄えの良い“スマート”なメガネがお目見えする。JINSが発売した「JINS MEME」は、姿勢や集中力が測れるセンサー付きで、重さ30グラム未満を実現。フェイスブックとレイバンも新商品を海外で発売するなど、世界的な潮流となっている。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

外観が普通の眼鏡と変わらない「軽量“スマート”グラス」が5位に選ばれた。機能の異なる複数の製品が発表されている。
外観が普通の眼鏡と変わらない「軽量“スマート”グラス」が5位に選ばれた。機能の異なる複数の製品が発表されている。

前回(第5回)はこちら

【5位】軽量“スマート”グラス

 普通の眼鏡のように装着すれば、様々な情報が目の前に表示され、日常生活が便利になる――。2012年にグーグルが「Google Glass」の開発を発表したときは、やがて高機能な「スマートグラス」が広まると誰もが思った。しかし、それから10年近くたつのに、街中でスマートグラスをかけている人はまずいない。

 それは、これまでのスマートグラスが重くて見栄えもいまひとつだったからだ。例えば20年にNTTドコモが販売した「Magic Leap 1」は316グラムで、KDDIが販売した「NrealLight」も106グラムあった。通常の眼鏡(20~30グラム)より重いので、長時間装着するとどうしても疲れてしまうし、着けていると目立つ。

100グラムを超えていた従来型ARグラス
20年12月にKDDIから発売された「NrealLight」は、最軽量クラスだったが100グラムを超えていた
20年12月にKDDIから発売された「NrealLight」は、最軽量クラスだったが100グラムを超えていた

 しかし22年には、普通の眼鏡とほとんど変わらない装着感のスマートグラスがいくつも選べるようになる。眼鏡メーカーのJINSが21年10月に発売した「JINS MEME」(実勢価格1万9800円・税込み)は、フレームの重さが30グラム未満で、通常の眼鏡との差は数グラム。デザインもレンズ間のブリッジ部分がやや太い程度で、ぱっと見では通常の眼鏡と変わらない。JINS MEME クリエイティブディレクターを務める岩原一平氏は、「眼鏡はファッションアイテムなので、我慢して装着したのでは長続きしない。機能を絞っていいから重さを30グラム程度に抑えることを第一に考えた」と語る。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する