2022年ヒット予測ランキング 第3回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2022年ヒット予測」を特集。2位に「冷凍食品専門スーパー」が選ばれた。新型コロナウイルスの感染拡大で冷凍食品の需要が膨れ上がり、専門店もオープン。1300種類前後の圧倒的な品ぞろえを武器にしたり、独自の冷凍技術で品質を維持させたりする。フードロスを無くす時代の流れにも合うため、専門店の勢いは加速しそうだ。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

冷凍食品を1300種類前後も扱う「みんなの業務用スーパー リンクス」(リオン・ドール コーポレーション)。3店舗を相次いでオープンし、生鮮三品に加え、パンやスイーツもよく売れているという
冷凍食品を1300種類前後も扱う「みんなの業務用スーパー リンクス」(リオン・ドール コーポレーション)。3店舗を相次いでオープンし、生鮮三品に加え、パンやスイーツもよく売れているという

前回(第2回)はこちら

【2位】冷凍食品専門スーパー

 2022年、食品スーパーの歴史に新たな1ページが加わる。コロナの影響で冷凍食品の需要がかつてないほど膨れ上がり、冷凍食品専門店という新潮流が各地で生まれようとしている。

2022年ヒット予測ランキング

 「冷凍だから、描ける未来がある」。こう力強く掲げる新業態「みんなの業務用スーパー Lynx(リンクス)」が、21年5月末に福島県で産声を上げた。仕掛けたのは、食品スーパー約70店舗を同県などに展開するリオン・ドール コーポレーションだ。リンクス事業を担当する同社執行役員の大沼孝氏は、「冷凍食品は買って数日で消費期限切れになる心配がない。もともと、共働き家庭はまとめ買いの傾向が強く、コロナ禍の影響でさらに強まった。需要は今後もっと高まる」と見る。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
14
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する