2021年ヒット商品ベスト30 第33回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。30位に「ワクチンフィーバー」がランク入りした。新型コロナウイルス感染症を抑える切り札として現れたワクチンにより、接種場所を探す「新型コロナワクチンマップ」(ヤフー)などの新サービスが登場。「約8割の人が発熱」といわれた副反応に備えるため、多くの解熱鎮痛剤が品薄になった。 

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

30位に「ワクチンフィーバー」がランクイン
30位に「ワクチンフィーバー」がランクイン
[画像のクリックで拡大表示]

前回(第32回)はこちら

【30位】ワクチンフィーバー

 新型コロナウイルス感染症を抑える切り札として現れたワクチンは、数カ月間、国民的な話題となり続け、いくつか特異な消費を生んだ。

 2021年2月にファイザーのワクチンが承認され、医療従事者への接種からスタート。4月には65歳以上の高齢者への接種が、6月下旬には職域接種が始まり、1日100万人以上が接種できる体制が徐々に整った。

 とはいえ、「自分はいつワクチンを打てるのか」と焦った人は多かった。そこに対応しようと、「Yahoo! MAP」に追加された「新型コロナワクチンマップ」などの新サービスが登場し、話題になった。

■新型コロナワクチンマップ(ヤフー)
ヤフーは「Yahoo! MAP」に接種会場が分かる機能を21年4月に追加した
ヤフーは「Yahoo! MAP」に接種会場が分かる機能を21年4月に追加した
[画像のクリックで拡大表示]
2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす
【第3回】「ウマ娘 」が異例のヒット アニメ&競馬ファンが熱狂
【第4回】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』100億突破のマーケ施策とは
【第5回】Z世代発の「昭和・平成レトロブーム」が4位 施設や音楽にも波及
【第6回】「ahamo/povo/LINEMO」が5位 格安プランが半年で300万契約
【第7回】空前のマリトッツォブームはなぜ起きたか 簡単アレンジで祭りに
【第8回】「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が快走 ビール初心者取り込む
【第9回】BTSのベストが100万枚突破大ヒット 食品も写真集も売れた
【第10回】「ピッコマ」が競合をごぼう抜き 縦読み漫画アプリの定番に
【第11回】取引件数5倍の「Visaのタッチ決済」が10位 カード5000万枚突破
【第12回】謎キャラで「カントリーマアム」大躍進 200億円突破の原動力に
【第13回】21年地方発ヒット20選  大賞は数カ月待ちの“食べるバター”
【第14回】Z世代は“海外から買う” 1900万人超が利用する「格安越境EC」
【第15回】「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が完売続出 泡の新体験
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)

この記事は会員限定(無料)です。