2021年ヒット商品ベスト30 第32回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。29位に「ザージーパイ」を選出した。台湾夜市のB級グルメで、大きくて薄い鶏肉の唐揚げのこと。顔が隠れるほどの大きさに誰もが見入り、SNSで拡散されたことで一気に認知された。扱う店の割合は、この1年で約4.8倍に膨れ上がり、すかいらーくホールディングスや日清フーズが商品化するまでに至った。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

29位に「ザージーパイ」が入った
29位に「ザージーパイ」が入った

前回(第31回)はこちら

【29位】ザージーパイ

 台湾夜市のB級グルメ、ザージーパイ(炸鶏排。台湾唐揚げとも呼ばれる)の専門店を、都市部で目にする機会が増えた。ぐるなびも、「全国の飲食店に占める台湾唐揚げを扱う店の割合は、この1年で約4.8倍に膨れ上がっている」と指摘する。

2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす
【第3回】「ウマ娘 」が異例のヒット アニメ&競馬ファンが熱狂
【第4回】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』100億突破のマーケ施策とは
【第5回】Z世代発の「昭和・平成レトロブーム」が4位 施設や音楽にも波及
【第6回】「ahamo/povo/LINEMO」が5位 格安プランが半年で300万契約
【第7回】空前のマリトッツォブームはなぜ起きたか 簡単アレンジで祭りに
【第8回】「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が快走 ビール初心者取り込む
【第9回】BTSのベストが100万枚突破大ヒット 食品も写真集も売れた
【第10回】「ピッコマ」が競合をごぼう抜き 縦読み漫画アプリの定番に
【第11回】取引件数5倍の「Visaのタッチ決済」が10位 カード5000万枚突破
【第12回】謎キャラで「カントリーマアム」大躍進 200億円突破の原動力に
【第13回】21年地方発ヒット20選  大賞は数カ月待ちの“食べるバター”
【第14回】Z世代は“海外から買う” 1900万人超が利用する「格安越境EC」
【第15回】「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が完売続出 泡の新体験
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 ザージーパイを端的に表せば、大きくて薄い鶏肉の唐揚げだ。はやった理由も、まずは見栄え。顔が隠れるほどの大きさに誰もが見入り、その驚きをSNSで知り合いに伝えたことで、認知度が一気に広がった。

 大きさのインパクトの割に、食べやすい点も人気の理由。平べったいうえ、脂肪分が少ない胸肉を使うためだ。2019年4月から店を開き、ザージーパイ人気の先駆けとされる「横濱炸鶏排」の代表、佐藤明久(はるひさ)氏は、「鶏のもも唐揚げの8~9個分に相当するが、意外と1人で完食できる」と言う。また、衣にキャッサバ粉を使う店が多く、揚げてから時間がたってもカリカリの食感が維持される。そのため、「テイクアウトする客も多い」(佐藤氏)

■炸鶏排(横濱炸鶏排)
横浜中華街(神奈川)の本店では税込み540円。衣のキャッサバ粉は割高だが、欠かせないという
横浜中華街(神奈川)の本店では税込み540円。衣のキャッサバ粉は割高だが、欠かせないという
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する