2021年ヒット商品ベスト30 第18回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。コロナ禍により、非対面で購入ができる自販機への注目度は高まる一方だ。21年、各地の街角では、ショートケーキ、花束、モツ、昆虫と、「こんなものまで売っているのか」と驚きの自販機が続々と登場した。全国各地の「売れる変わり種自販機」の裏側を聞いた。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

自販機販売では、見た目のインパクトも重要
自販機販売では、見た目のインパクトも重要

前回(第17回)はこちら

【地方発ヒット】変わり種自販機

北海道 透明ボトルにショートケーキ 持ち運べる「萌え断」スイーツ

 「フードロスを発生させることなく、パティスリーの味を提供したい」と、札幌市などで飲食店を複数展開するGAKUが開発したショートケーキ。透明なプラボトルに、生クリーム、スポンジ、イチゴを詰め、SNSで「究極の萌え断」と話題に。自販機の1日の売り上げは「プリン缶」なども含めて400~500個ほど。

一つ一つパティシエが詰めている
一つ一つパティシエが詰めている
【設置場所】札幌市中央区の洋菓子店「patisserie OKASHI GAKU」店舗前
【設置場所】札幌市中央区の洋菓子店「patisserie OKASHI GAKU」店舗前
2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす
【第3回】「ウマ娘 」が異例のヒット アニメ&競馬ファンが熱狂
【第4回】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』100億突破のマーケ施策とは
【第5回】Z世代発の「昭和・平成レトロブーム」が4位 施設や音楽にも波及
【第6回】「ahamo/povo/LINEMO」が5位 格安プランが半年で300万契約
【第7回】空前のマリトッツォブームはなぜ起きたか 簡単アレンジで祭りに
【第8回】「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が快走 ビール初心者取り込む
【第9回】BTSのベストが100万枚突破大ヒット 食品も写真集も売れた
【第10回】「ピッコマ」が競合をごぼう抜き 縦読み漫画アプリの定番に
【第11回】取引件数5倍の「Visaのタッチ決済」が10位 カード5000万枚突破
【第12回】謎キャラで「カントリーマアム」大躍進 200億円突破の原動力に
【第13回】21年地方発ヒット20選  大賞は数カ月待ちの“食べるバター”
【第14回】Z世代は“海外から買う” 1900万人超が利用する「格安越境EC」
【第15回】「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が完売続出 泡の新体験
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)
東京 「店で買うより恥ずかしくない」、花の自販機で男性客掘り起こし

 新宿駅東口に出店した青山フラワーマーケットが、店舗付近に設置。ワンコインから気軽に買える、500円のバラ1輪や、700円程度のミニブーケを販売。「ワンコインなら買いたくなる」という20代の女性や、「店で買うより恥ずかしくない」という30~40代の男性客など「店舗と異なる客層の購入が目立つ」(パーク・コーポレーション広報)という。生花を買い慣れていない人でも飾り方をイメージしやすいよう、花瓶に生けた見本を自販機内にディスプレイしている。

バラ1輪500円(上)から買える。19時から23時が一番の売れ時だという
バラ1輪500円(上)から買える。19時から23時が一番の売れ時だという
【設置場所】JR新宿駅東口改札外
【設置場所】JR新宿駅東口改札外
神奈川 川崎発の人気キムチを電車の待ち時間に手軽に購入

 「食卓でお新香感覚で食べられる」、日本人の舌に合うキムチを開発・販売する、キムチ専門店の「おつけもの慶」。「道路からはみ出すほど大きく、死蔵品となっていた」(同社広報)という中古のジュース用自販機を活用し、京急川崎駅ホーム上の店舗にキムチの自販機を設置した。京急電鉄のラベルを貼ったボトルも通勤客や鉄道ファンに注目され、毎月100万円以上を自販機で売り上げる。

気になるにおい漏れはほぼなし
気になるにおい漏れはほぼなし
【設置場所】京急川崎駅下り線ホーム「おつけもの慶」店舗横
【設置場所】京急川崎駅下り線ホーム「おつけもの慶」店舗横

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する