2021年ヒット商品ベスト30 第22回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。19位に『東京リベンジャーズ』がランク入りした。21年7月に公開された実写映画は興行収入44.6億円を突破。原作漫画の累計発行部数も4.4倍の伸びを見せ、「東リベ」というコンテンツ自体が注目の的となった。ヒットの裏にはYouTubeやTikTokを使った巧みなSNS戦略があった。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

19位に『東京リベンジャーズ』が入った
19位に『東京リベンジャーズ』が入った

前回(第21回)はこちら

【19位】東京リベンジャーズ

 2021年、コロナ禍の逆風の中、実写映画ナンバーワンの座を勝ち取ったのが、『東京リベンジャーズ』だった。7月に全国約350の劇場で公開されると、興行収入44億6000万円、観客動員数334万人を突破する大ヒットを記録した。

【実写映画】

(c)和久井健/講談社 (c)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
(c)和久井健/講談社 (c)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす
【第3回】「ウマ娘 」が異例のヒット アニメ&競馬ファンが熱狂
【第4回】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』100億突破のマーケ施策とは
【第5回】Z世代発の「昭和・平成レトロブーム」が4位 施設や音楽にも波及
【第6回】「ahamo/povo/LINEMO」が5位 格安プランが半年で300万契約
【第7回】空前のマリトッツォブームはなぜ起きたか 簡単アレンジで祭りに
【第8回】「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が快走 ビール初心者取り込む
【第9回】BTSのベストが100万枚突破大ヒット 食品も写真集も売れた
【第10回】「ピッコマ」が競合をごぼう抜き 縦読み漫画アプリの定番に
【第11回】取引件数5倍の「Visaのタッチ決済」が10位 カード5000万枚突破
【第12回】謎キャラで「カントリーマアム」大躍進 200億円突破の原動力に
【第13回】21年地方発ヒット20選  大賞は数カ月待ちの“食べるバター”
【第14回】Z世代は“海外から買う” 1900万人超が利用する「格安越境EC」
【第15回】「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が完売続出 泡の新体験
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 原作は人気漫画の『東京卍リベンジャーズ』(和久井健、講談社)だ。21年4月にアニメ化、7月に実写映画化、8月に2.5次元舞台化と立て続けに複数のメディアで展開され、「東リベ」というコンテンツ自体が一躍注目の的に。主人公・花垣武道が所属する暴走族チーム「東京卍會」の総長・佐野万次郎が仲間を鼓舞した「日和ってる奴いる? いねえよなぁ!!?」のセリフもSNS上でたびたび繰り返された。漫画の累計発行部数も、21年9月の24巻発売時には4000万部を突破。多メディア展開前と比べて約4.4倍の伸びを見せた。

■原作漫画の累計発行部数が急伸
注)講談社提供データより編集部で作成
注)講談社提供データより編集部で作成

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
2
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する