2021年11月4日発売の「日経トレンディ 2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。14位に「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」がランク入りした。コロナ禍で自宅で遊ぶ機会が増加し、老舗タイトル「桃鉄」の新作が累計300万本以上という特大ヒット。シリーズで初めてオンライン対戦に対応し、「友人とわいわい楽しむ」という不変の遊びやすさが令和にブレイクした。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

14位に「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」を選出
14位に「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」を選出
[画像のクリックで拡大表示]

前回(第15回)はこちら

【14位】桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~

 30年以上の歴史を誇る老舗タイトル「桃鉄」が、久々の新作で累計300万本以上(ダウンロード含む)という驚きの販売本数を記録した。

 その「桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~」(コナミデジタルエンタテインメント)は前作から駅数が増えるなどアップデートはあるが、基本的なゲーム内容は踏襲している。誰にでも理解しやすいシンプルなルール、初心者でもコアなゲーマーに勝てる理不尽さは、子供が親と遊ぶのに適したゲームといえる。

 コロナ禍、自宅で遊ぶことが自然に増え、「人生ゲーム」(タカラトミー)など親子3世代で遊べるアイテムが売れ続けている。桃鉄不変の魅力を貫いたことでそれに似たニーズのくみ取りに成功した。

(c)さくまあきら (c)Konami Digital Entertainment
(c)さくまあきら (c)Konami Digital Entertainment
[画像のクリックで拡大表示]
2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす
【第3回】「ウマ娘 」が異例のヒット アニメ&競馬ファンが熱狂
【第4回】『シン・エヴァンゲリオン劇場版』100億突破のマーケ施策とは
【第5回】Z世代発の「昭和・平成レトロブーム」が4位 施設や音楽にも波及
【第6回】「ahamo/povo/LINEMO」が5位 格安プランが半年で300万契約
【第7回】空前のマリトッツォブームはなぜ起きたか 簡単アレンジで祭りに
【第8回】「キリン一番搾り 糖質ゼロ」が快走 ビール初心者取り込む
【第9回】BTSのベストが100万枚突破大ヒット 食品も写真集も売れた
【第10回】「ピッコマ」が競合をごぼう抜き 縦読み漫画アプリの定番に
【第11回】取引件数5倍の「Visaのタッチ決済」が10位 カード5000万枚突破
【第12回】謎キャラで「カントリーマアム」大躍進 200億円突破の原動力に
【第13回】21年地方発ヒット20選  大賞は数カ月待ちの“食べるバター”
【第14回】Z世代は“海外から買う” 1900万人超が利用する「格安越境EC」
【第15回】「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が完売続出 泡の新体験
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)