2021年ヒット商品ベスト30 第4回

2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。3位に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が選ばれた。新劇場版4部作のフィナーレを飾る作品は、公開から127日間で興行収入100億円を突破し、観客動員は655万人という快挙を達成。公開終了後もエヴァ旋風は止まらず、日本のアニメ史に残る作品となった。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

3位に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が選ばれた
3位に『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が選ばれた

前回(第3回)はこちら

【3位】シン・エヴァンゲリオン劇場版

 「さようなら全てのエヴァンゲリオン」――。このセリフが多くの人の記憶に刻まれたことは間違いない。新劇場版エヴァンゲリオン4部作がついにフィナーレを迎えた。

 2021年3月8日に公開された映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(以下、シン・エヴァ)は、7月12日までの127日間累計で興行収入100億1582万円、観客動員は655万人という快挙を達成。相次いで緊急事態宣言が発令されるなど、映画館を開けられないことが多かった時期にもかかわらず、16年公開の『シン・ゴジラ』(興行収入82億5000万円)を超え、庵野秀明監督作品としても最高記録を更新した。

 決して順風満帆な船出ではなく、公開は2度も延期に。しかし、その間大量に予定されていた企業コラボが、結果的には分散し、21年は市場にエヴァコンテンツがあふれ続けることとなった。公式アプリ「EVA-EXTRA」上での情報発信に加え、20年12月18日には、Amazonプライム・ビデオで過去3作品の見放題独占配信がスタートし、公開までファンの熱を保ち続けた。

■21年の興行収入ランキングトップ
注)21年10月18日時点(推計概算)。興行通信社調べ。2~4位は上映中
注)21年10月18日時点(推計概算)。興行通信社調べ。2~4位は上映中
21年3月28日に東京・新宿バルト9でキャスト陣14人が舞台挨拶を行った。4月11日には同場所にて庵野総監督含めた監督陣と碇シンジ役を務めた緒方恵美が登壇。(c)カラー
21年3月28日に東京・新宿バルト9でキャスト陣14人が舞台挨拶を行った。4月11日には同場所にて庵野総監督含めた監督陣と碇シンジ役を務めた緒方恵美が登壇。(c)カラー

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する