2021年11月4日発売の「日経トレンディ2021年12月号」では、日経クロストレンドと11月3日に発表した「2021年ヒット商品ベスト30」を特集。1位に「TikTok売れ」が選ばれた。TikTokは動画で消費を動かす最強のプラットフォームへと進化を遂げ、地球を模した「プラネットグミ」(地球グミ)からBMWまであらゆる消費の起点になっている。企業はマーケティングツールとしても活用し、「インスタ映え」を超えるムーブメントになった。

※日経トレンディ2021年12月号の記事を再構成

1位に「TikTok売れ」が選ばれた
1位に「TikTok売れ」が選ばれた

前回(第1回)はこちら

1位「TikTok売れ」

 若者が歌ったり、踊ったりする短尺動画を投稿するアプリ─―。もし「TikTok」に抱いている印象がそうだとすれば、もはや時代遅れだ。2021年にTikTokは、動画で消費を動かす最強のプラットフォームへと進化を遂げた。菓子や飲料など低単価の商品から、高級車や高級旅館まで、ありとあらゆる消費の起点になっている。

「#購入品紹介」を付けた購入品を紹介する動画は、半年で再生回数が14億回を超えた
「#購入品紹介」を付けた購入品を紹介する動画は、半年で再生回数が14億回を超えた
2021年ヒット商品ベスト30
【第1回】2021年ヒット商品ランキング 日経トレンディが選んだベスト30
【第2回】21年ヒット商品1位は「TikTok売れ」 動画で消費を動かす←今回はココ
「日経トレンディ 2021年12月号」の購入はこちら(Amazon)

 その兆候は音楽分野から現れた。過去にはYOASOBIや瑛人などもTikTokから人気は始まった。そして21年を象徴するTikTok発ヒットが、シンガー・ソングライターの優里の「ドライフラワー」だ。20年10月25日に公開後、TikTokで人気を集め約1年でストリーミングサービスでの累計再生数が4億回を突破。男性ソロアーティストでは最速だ。

 人気曲の「歌ってみた」動画は動画サイトの定番だが、TikTokは動画投稿時に好きな楽曲を選んで、動画を盛り上げるためのバックミュージックに使用できる。これにより、バリエーション豊かな動画とともに楽曲が広がっていくのが他の動画サイトにはない特徴だ。令和のヒットチャートにはTikTokの流行が色濃く反映されている。

優里の「ドライフラワー」はTikTokで人気に火が付き、ストリーミングサービスでの再生数が4億回を突破した
優里の「ドライフラワー」はTikTokで人気に火が付き、ストリーミングサービスでの再生数が4億回を突破した

 短尺動画が中心、かつグローバルサービスゆえ、言語に縛られにくいのも特徴。国内フォロワー最多のじゅんやは、言葉を必要としない一発芸的な内容が外国人にも受けている。TikTokの投稿動画を編集してまとめた動画を掲載する同氏のYouTubeチャンネルは、20年9月の開設から僅か1年程度で登録者数が1000万人を超えた。TikTokでグローバルで人気を獲得したことで、著名YouTuberのHIKAKINが10年かけて成し遂げた偉業を、僅か10分の1の年月で達成した。

■フォロワー1000万人クラスのスターが続々
タレントの景井ひな(左)はTikTokの利用開始1年でフォロワー数が1000万人を超え、国内で女性最多になった。TikTokerのじゅんや(右)はフォロワー数が3900万人超。YouTubeチャンネル登録者もHIKAKINに続き1000万人を突破
タレントの景井ひな(左)はTikTokの利用開始1年でフォロワー数が1000万人を超え、国内で女性最多になった。TikTokerのじゅんや(右)はフォロワー数が3900万人超。YouTubeチャンネル登録者もHIKAKINに続き1000万人を突破

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
40
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する