家電革命~フードテック2021~ 第8回

小売店のレジ袋有料化が始まって1年余り。博報堂が実施した「生活者のサステナブル購買行動調査2021」では、「エコバッグの持参」や「ゴミの分別とリサイクル」を実施していると回答した人は8割以上を占めた。環境問題やゴミ削減を意識する人が増える中、最先端の電子はかりを活用した、日本初の“ゼロ・ウェイスト・スーパー”が目指す未来とは。

京都市内にオープンした日本初のゼロ・ウェイスト・スーパー「斗々屋」の店内。個包装を一切行わず、ゴミがほとんど出ない暮らしを提唱している。写真は地元の京都府産を中心に全国から仕入れた野菜と果物が並ぶコーナー。1個から購入できる
京都市内にオープンした日本初のゼロ・ウェイスト・スーパー「斗々屋」の店内。個包装を一切行わず、ゴミがほとんど出ない暮らしを提唱している。写真は地元の京都府産を中心に全国から仕入れた野菜と果物が並ぶコーナー。1個から購入できる

 京都・河原町丸太町のバス通り沿いに、2021年7月31日、「ゼロ・ウェイスト=ゴミゼロ」を体現する日本初のスーパーマーケット「斗々屋(ととや)」が開業した。店内すべての商品を個包装しないことで、無駄なゴミを出さない。来店客は容器などを持参し、商品を持ち帰るスタイルで、欧州では広く浸透しているセルフの量り売りシステムを本格的に導入した食品スーパーだ。

前回(第7回)はこちら

 店内の入り口近くには、形が不ぞろいの野菜や果物のコーナーがあり、種類も豊富。中央には、ナッツや豆などの乾物からシリアル食品、調味料、粉末のだしなどが入った透明の瓶がずらりと並ぶ。量り売りの洗剤の他、せっけんや化粧品といった日用品も含めると取扱商品は700品目以上。消費期限が短い生鮮食品や日配品は、店内奥のキッチンで調理し、総菜や併設されたレストラン用メニューとして提供し、使い切る。ゴミを出さないためには、食品ロスを減らすことも欠かせないのだ。

透明の瓶に入れられた豆やナッツ類、シリアル、ドライフルーツなどのオーガニック食材がずらりと並ぶ。サステナブルな内装設計は、建築クリエイティブスタジオNoMaDoSが担当。什器(じゅうき)や素材にもゼロ・ウェイストの視点が取り入れられている
透明の瓶に入れられた豆やナッツ類、シリアル、ドライフルーツなどのオーガニック食材がずらりと並ぶ。サステナブルな内装設計は、建築クリエイティブスタジオNoMaDoSが担当。什器(じゅうき)や素材にもゼロ・ウェイストの視点が取り入れられている
オイル、しょうゆ、酢などの液体調味料や、粉末のだし類など調味料の種類が豊富。オーガニックワインも取りそろえている
オイル、しょうゆ、酢などの液体調味料や、粉末のだし類など調味料の種類が豊富。オーガニックワインも取りそろえている
店内奥にはキッチンとイートインのカウンターを用意。昼間はスーパーマーケット+カフェ、夜6時以降はオーガニックワインと日本酒、シェフの料理を楽しめるレストランとして営業
店内奥にはキッチンとイートインのカウンターを用意。昼間はスーパーマーケット+カフェ、夜6時以降はオーガニックワインと日本酒、シェフの料理を楽しめるレストランとして営業

 週2回来店しているという近所に住む女性は、店の買い物カゴにいろいろな野菜を入れた後、持参した巾着袋にオートミールを詰め、慣れた手つきで計量。また、総菜のショーケースでは豆腐や揚げ物も注文し、持参したステンレス容器に入れてもらっていた。同店の感想を聞くと、「以前はゴミの出る暮らしにストレスを感じていた。斗々屋のオープン直後から買いに来ているので、今は快適。ゴミの量は劇的に減った」と話す。

 ゴミの削減は環境問題として取り上げられることが多い。だが実は、生活者の暮らしの質を上げることにもつながる。例えば、通常のスーパーマーケットで商品を購入すると、知らない間に食品トレーの山が台所にできてしまう。そういうことがないよう斗々屋では、「食品の個包装をやめることで快適な暮らしを取り戻せることを訴えていきたい」(広報担当のノイハウス萌菜氏)という。

手間のかかる量り売りを最先端技術で解決

 かつて日本でも、食料品の販売は対面での量り売りが普通だった。しかし、その後広がった顧客自身が店内をめぐって商品をピックアップするスーパーマーケットには、量り売りはなじみにくい買い物スタイルで、その“壁”を突破するには技術進化が必要だった。そこで今回、斗々屋が導入したのが、電子はかりとPOS(販売時点情報管理)レジの老舗メーカー、寺岡精工(東京・大田)による最先端のはかり技術だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
23
この記事をいいね!する