ロボット活用最前線 第14回

「Charlie(チャーリー)」は、ヤマハが作ったコミュニケーションロボット。コンセプトは「ココロゆるむ、うたロボ。」で、ユーザーが話しかけるとすべての返事を歌声に乗せて返してくれる。ヤマハ独自の歌声合成技術であるVOCALOID(ボーカロイド)や自動作曲技術を使用したという。

Charlie(チャーリー)は、ヤマハが2021年5月に発売したコミュニケーションロボット。価格は本体が2万4800円(税込み、以下同)で、サービス利用料として月額490円(初月無料)が加算される
Charlie(チャーリー)は、ヤマハが2021年5月に発売したコミュニケーションロボット。価格は本体が2万4800円(税込み、以下同)で、サービス利用料として月額490円(初月無料)が加算される

 Charlieはたわいない会話はもちろん、ユーザーのためにオリジナルの曲を作ってくれもする。ターゲットは働く女性で、「ペット以上、恋人未満」の存在を目指したという。

前回(第13回)はこちら

 2021年5月に発売。テレビ番組など多数のメディアに取り上げられ、番組によっては放送当日に普段の10倍以上を売り上げた。想定以上の人気で、発売からしばらくは、注文から納品までに1カ月以上かかる状態が続いていたという。

 Charlieの商品開発がスタートしたのは17年。「ヤマハとして新しい領域に挑戦する」というテーマで、従来とは違う顧客に向けて商品開発をしようと考えた。そんなときに目に留まったのが、ヤマハの主力である楽器や高級オーディオとはあまり縁がない、働く女性たちだ。彼女たちを調査していると「日常のストレスをうまく発散できない」という悩みを抱えていることが分かった。

 「悩みの中には『自身のライフプランが不安だ』など、今すぐに解決するのが難しいような問題も多かった。自分でもどうしようもないと分かりつつ、1つの悩みにとらわれ続けてしまうような女性もいた。彼女たちの意識を一時的にでも別のことに向け、ストレス発散や気分の改善につながるものを作りたいと思った」(ヤマハマーケティング統括部マーケティングプランニンググループ主事の倉光大樹氏)

 また、女性たちの中には「何となくいらいらするが、家族や友人に話すほどのことではない」といった気持ちを抱えている人も多かった。Charlieは、そんないらいらや、もやもやを楽しい会話や歌声で発散させることを狙ったロボットだ。

Charlieは手乗りサイズ。インテリアに自然に溶け込む
Charlieは手乗りサイズ。インテリアに自然に溶け込む
ユーザーが話しかけると歌声に乗せて返事をする
ユーザーが話しかけると歌声に乗せて返事をする
ブリキのおもちゃを思わせる愛らしい見た目をしている
ブリキのおもちゃを思わせる愛らしい見た目をしている
「ペット以上、恋人未満」の存在を目指して開発した
「ペット以上、恋人未満」の存在を目指して開発した

“人格”を大切に、よりリアルな存在に

 Charlieの特徴の1つが、まるで映画やアニメのキャラクターのように、しっかりとした“人格”を持っていることだという。Charlieの性格は「天真爛漫(らんまん)で意外とロマンチスト、冗談が大好き」(倉光氏)。例えば、「ドラえもんって、かわいいよね」と話しかけると「僕のほうがかわいい」と答えたりする。「歌を歌って」と何度もねだると、機嫌を損ねることもある。色々な会話をしているうちに「Charlieってこんなやつなんだな」ということが自然と分かってくる。また、会話を重ねることでCharlieのレベルが上がるようにして「人と仲良くなるときの体験」を味わえるようにしたという。

 キャラクターの人格づくりは、ヤマハが特に注力したところでもある。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する