若者を選挙に呼び込め 投票率アップ大作戦 第3回

18歳から投票が可能になって今回の衆院選で4回目の国政選挙を迎えるが、10代の投票率は残念ながら低落傾向にある。これを上げるにはどうすればよいか。都道府県別投票率ランキングで、10代投票率が高い県の取り組みにそのヒントがある。民間企業でも、若者に議論や模擬投票などアウトプットの場を提供する動きが出始めている。

CCCマーケティングが「学校総選挙プロジェクト」で若者に議論の場を提供
CCCマーケティングが「学校総選挙プロジェクト」で若者に議論の場を提供

 2016年6月に改正公職選挙法の施行で選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられて迎えた16年7月の参院選は、全体の投票率が54.70%のところ、10代の投票率は46.78%と健闘。これは20代の投票率(35.60%)だけでなく、30代の投票率(44.24%)をも上回る快挙だった。

10代、20代、全体の投票率の推移
10代、20代、全体の投票率の推移
10代の投票率は早くも低落傾向 出所:総務省 選挙関連資料

 だが「初の18歳投票権」という看板が外れると、その勢いは早くも息切れしてしまった。17年10月の衆院選は全体の投票率が53.68%のところ40.49%にダウン。19年7月の参院選は、全体の投票率が48.80%と低調だったが、10代投票率も同14ポイント超減の32.38%にまで低迷。30.96%だった20代投票率は上回ったもののほぼ横並びの低水準になった。

 若者の投票率を上げるにはどうすればよいか? 10代の投票率が高い県にヒントがあるに違いない。そこで17年10月の衆院選投票率データから、10代投票率の都道府県別ランキングを作成してみた。トップ5とワースト5は以下の通りだ。

2017年10月の衆院選における10代投票率の都道府県別トップ5&ワースト5
2017年10月の衆院選における10代投票率の都道府県別トップ5&ワースト5
出所:総務省 選挙関連資料
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する